小原温泉「旅館かつらや」事業停止

いつも訪問している宮城県白石市の小原温泉
雑誌「ふくしま日帰り温泉」の割引入浴クーポンがあったので今年2回ほど小原温泉を訪問しているのですが休業日なのかやっている雰囲気がないのよ

小原温泉 かつらや
除雪もしていない、行ってみると張り紙が・・・・
小原温泉 かつらや
ネットで調べてみると
-----------------------------------------------------------------------------------------
小原温泉「旅館かつらや」事業停止 原発事故風評で宿泊客減
 宮城県白石市の小原温泉にある「旅館かつらや」は10月31日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。任意整理する方針。帝国データバンク仙台支店によると、負債額は約7億円。
 同社は1967年9月設立。小原温泉で最大規模の旅館を経営していた。団体客や首都圏の旅行客を多く受け入れ、2007年7月期は約3億7300万円の収入高があった。
 東日本大震災後、東京電力福島第1原発事故の風評被害で首都圏や関西圏からの宿泊客が減り、業績が悪化。16年7月期の収入高は約2億円にとどまった。
------------------------------------------------------------------------------------------
宮城県のここでも、原発事故風評で宿泊客減か・・・・・・・・
福島の温泉は、もっと被害が・・・・まだまだ原発事故は終わっていない実感ですね

お隣のホテルいづみやさんの若旦那に聞いてみると、小原温泉は旅館しん湯さんと2軒で他にちょっと離れたやくせんさん(小原温泉ではない)と3軒だけなんだと、以前は6軒あったとか・・・・頑張ってくださいと激励してきました。

がんばろう東北の温泉

小原温泉訪問日 1月21日 ・ 2月7日  撮影 バカボンパパ
 

花見山のロウバイ

今年は、例年よりちょっと遅かったようですが花見山のロウバイが咲き始めましたので見てきました。
毎年訪問しているところです。
ロウバイは公園入口付近や、日当たりの良い場所で見頃です。1月末~2月上旬あたりまで楽しめそうですね。

 ロウバイは、ロウ細工のような艶やかさと、梅を思わせる3センチほどの小さな花弁が特徴で、名前の由来にもなっている。
花見山 ロウバイ

花見山 ロウバイ
青空には、ロウバイの黄色が映えますね
花見山 ロウバイ
花見山には200本程度ロウバイがあります。
花見山 ロウバイ
南天
花見山 南天
花見山中腹から見える福島市
花見山から福島市
頂上の裏側には、10月桜が咲いています。花が小さいので春の桜と比べると寂しいですが、寒い季節に花見ができます。
花見山 10月桜

ロウバイの花言葉由来
花言葉の「ゆかしさ」「慈しみ」は、まだ花の少ない冬期に、そっと黄色い花を咲かせるロウバイのひかえめで奥ゆかしい姿にちなむともいわれます。・・・・ひかえめで奥ゆかしいバカボンパパみたいだわアハハ

動画を撮ってきましたので You Tube にアップしましたので雰囲気を感じてください。


訪問日 2018年1月6日  撮影 バカボンパパ
 

朝の散歩道 赤いキツネか緑のたぬき

朝に散歩と言うか徘徊というかウォーキングをしていると発見したのね
遠くから見てたら、なんとなく犬とは違う生き物が・・・・なんだろう?
20180106-1.jpg

どんどん私の方に近づいてきます・・・・仲間と思われたかな・・・たぬき親父 アハハ
20180106-2.jpg
まちがいない・・・・
20180106-3.jpg
3mぐらいまで接近   未知との遭遇
20180106-4.jpg
アップで  瞳が緑いろなのだ・・・・やっぱり緑のタヌキ でしたね
ちょっと調べてみました
 タヌキ(狸、たぬき)とは、ネコ目イヌ科の動物である。
 体長50-70cm 尾長10-25cm 体重4-10kg
 悪賢い男性を罵る言葉。タヌキ親父など。
 狸寝入り - 寝たふりのこと。
 野生の狸を勝手に捕まえてペットにする事はできないので注意。(鳥獣保護法)

人を見ても逃げないのね
20180106-5.jpg

You Tube に動画をアップしましたのでご覧ください


2018年1月6日 撮影 バカボンパパ
 

前頁へ移動する  | トップへ戻るHOME |  次頁へ移動する(見てね)

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア