二つの泉質が楽しめる 鷲倉温泉旅館

土湯峠温泉郷のひとつ鷲倉温泉 標高1230mの温泉で温泉地としては福島県内で最も標高が高いです。
 大浴場・露天風呂のほか胃腸や神経痛に効果のある「薬湯」と呼ばれる酸性緑礬泉と、弱硫黄泉の2つの異なった泉質が楽しめる、そんな素敵な温泉を再訪して来ましたので紹介しますね。

今年の営業は11月27日で終わるそうです。以前は正月ごろまでやっていた時がありますが
建物は
20161102-1.jpg
入口には、秘湯の宿を守る会の提灯がお出迎え
20161102-2.jpg
フロント
20161102-3.jpg
岩根の湯の露天風呂
20161102-4.jpg
酸性・含鉄(Ⅱ、Ⅲ)・アルミニウム・硫酸塩温泉
源泉温度 43.4℃   PH  2.74 
20161102-5.jpg
いつものトド足です。
20161102-6.jpg
単純硫黄温泉【硫化水素型】(弱酸性低張性高温泉)
源泉温度 71.2℃   PH  5.0
20161102-7.jpg
至福のトド足・・・・アハハ
20161102-9.jpg
内湯から直接行ける露天風呂
ちょっと空気が冷たくなって来ましたね。
20161102-8.jpg

良い温泉ですね。どちらの泉質も満足です。バカボンパパのお気に入りの温泉です。

You Tubeに動画をアップしましたので雰囲気を感じてくださいませ


【鷲倉温泉旅館温泉データ】
・住所   福島市土湯温泉町鷲倉山1番地
TEL 0242-64-3224
・入浴時間 10:00~15:00  期間 4月中旬~11月27日 (冬季休業)
・料金 800円 
・源泉名 鷲倉温泉露天風呂
酸性・含鉄(Ⅱ、Ⅲ)・アルミニウム・硫酸塩温泉
源泉温度 43.4℃   PH  2.74 
・源泉名 鷲倉温泉(イ)
単純硫黄温泉【硫化水素型】(弱酸性低張性高温泉)
源泉温度 71.2℃   PH  5.0
・効能 婦人病・アトピー・神経痛・動脈硬化・糖尿・眼病
・備品  シャンプー・ボディーソープ・シャワー・ドライヤー
・その他  二つの異なる泉質の薬湯(酸性緑礬泉と、弱硫黄泉)
大浴場・露天風呂・薬湯風呂

訪問日 2016年11月2日  撮影 バカボンパパ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア