寄付する前に「支援金」や「義援金」の違いについて、ご理解を


熊本地震でいろいろな団体が「支援金」や「義援金」を募っていますが、「支援金」や「義援金」どちらを選ぶべき? 
使い道や速さ、配分方法に違いがある様です。
with news より転記
---------------------------------------------------------------
1.支援金とは
あなたが応援したい団体、関心がある分野の団体を自分で選んで寄付し、被災地の支援に役立ててもらうお金
【被災地での救命・復旧活動】 → 使われる
各機関やNPO、ボランティア団体の判断により、人命救助やインフラ整備などの復旧活動に速やかに役立てられる

【公平な配分】 → 支援団体が使い道決定
支援金の使い道は支援団体に任せることになる。各団体ごとに支援金の使途や収支の報告を行って透明性を確保している

【被災地に届くまで】 → すぐに届く
被災地からのニーズに対して、各機関や団体が各自の判断と責任において柔軟に使用できるので、すぐに活用される

2.義援金とは
被災者の方々へ、お悔やみや応援の気持ちを込めて贈るお金。赤十字・赤い羽根共同募金・自治体・TV局などが受付
【被災地での救命・復旧活動】 → 使われない
義援金は被災者に配分されるもので、ボランティア団体や行政が行う復興事業や緊急支援には使われない

【公平な配分】 → 被災者に公平に配分
被災した県が設置した義援金配分委員会によって、寄付金の100%が公平・平等に被災者に配布される

【被災地に届くまで】 → 時間がかかる
被災者数などの正確な情報を把握した後に均等に分配される。配布作業も混乱する被災自治体が担当するため負担が大きい
----------------------------------------------
支援金
日本財団


義援金
日本政府
共同募金会
熊本県
日本赤十字社
熊本市【義援金(・被災された方へ)・寄附金(熊本市へ)・熊本城災害復旧支援金(熊本城の修復再建へ)】
その他
ふるさと納税という直接的に自治体にお金を届ける方法もあります。すでに被害の大きい益城町、阿蘇市、南阿蘇村などへ納税する方が増えているようです。

何か力になりたいがどうしていいかわからないと、いう方の参考になれば幸いです。
kumamon-1.jpg

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア