高湯温泉 旅館高原荘

今年 14湯目は、高湯温泉 旅館高原荘 さんを訪問
ここも、いつも行っているいつもの温泉です。
湯船は小さいので二人で満員なんて感じです
以外に穴場で、あまり人がいないので貸切状態で硫黄泉を一人占めです。

建物は
20160323-1.jpg
湯船は小さめ
20160323-2.jpg
硫黄泉がいいのよ~♪
20160323-3.jpg
いつもの至福のトド足・・・・アハハ
20160323-4.jpg

以前アップした動画を再度紹介しますね



硫化水素泉

【 高原荘 温泉データ 】
住所   福島県福島市町庭坂高湯
      TEL/024-591-1215
源泉名  湯花沢3番
泉質   酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩温泉    硫黄泉
泉温   49.1℃   PH 2.6
入浴料 300円   座敷休憩 700円
     個室一人1600円(税別)
時間  10:00~15:00

訪問日 2016年3月7日   撮影 バカボンパパ


Comment

[1837]

こんにちは~
高湯温泉は大好きな温泉ですが、最近はほとんどここばかり。
お湯が新鮮で安いのが何より。
先ず、駐車場に車が止まっていないかを見てから入ります。
いつか、休憩してのんびりしたいものです。

[1838] おんせんたまごさんへ

おんせんたまごさんへ
毎度で~す♪

やっと暇な時間が出来るようになったので、今までなかなか更新出来ていなかったものをアップしています。
4月からは、おんせんたまごさんと同じかな。

高原荘は小さな湯船ですが、貸切状態が良いのよ~♪
駐車場の車は同じくチェックしてから入ります。

[1839]

大変ご無沙汰しております。

高原荘も、もう15年位前に宿泊しました。
豪華な宿も多い高湯温泉に、あって庶民的な宿ですね。
看板を、みたら吹き付けるような懐かしい思いです。
浴室も、当時のままですね。露天なんかなくてもいい、
ゆっくり浸かりたい気分です。
乳頭温泉の行く途中の水沢温泉の民宿(廃業)も、乳白色の
そっくりな湯船でした。
この年になると、遠い昔の温泉ばかり思い出します。
もう少し体力が回復したら、新潟の小出から只見経由で、土湯高湯まで、昔たどった同じコースで、再訪します。
まで、

[1840] すぎてっくさんへ

すぎてっくさん、お久しぶりです。
お元気でしたか?

高湯温泉の高原荘に宿泊していたのですね
以前、この旅館の前は夏はゴルフ場で冬がスキー場だったのですが今はゴルフもスキーもやってなくて以前ほどの賑わいは無くなっていますね。
今は静かな旅館になってしまいました。
その分、穴場なんですが

すぎてっくさん、早く元気になって旅行とか出来ると良いですね
いつもありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア