乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

午後1時からの湯めぐりでしたので、3時までの旅館さんから優先して訪問です。
第一湯目は、鶴の湯さんを訪問。

鶴の湯温泉は乳頭山(1478m)の麓の乳頭温泉郷の中でも最も古くからある温泉宿です。
由来は 猟の際に傷ついた鶴が湯で傷を癒すのを見つけ事がそのまま鶴の湯の名に残ったのだと言われています。
茅葺き屋根の本陣は、雰囲気がありますね
20150712-10.jpg

受付に「湯めぐり帖」を出してスタンプを押してもらいます。
20150712-11.jpg

前回・前々回訪問した時は、月曜日だったので露天風呂は入れず眺めただけだったのでリベンジです。
3度目の訪問でやっと入浴です
混浴風呂の内湯(ちょっと小さめ2~3名までかな)
眼っこの湯 含重曹・食塩硫化水素泉
20150712-15.jpg

内風呂から露天風呂に出ると
打たせ湯があります
20150712-14.jpg

温泉の底は石がゴロゴロ
湯船の底からプクプクとあちこちから温泉が・・・
20150712-13.jpg
日差しが強い時には、この下が良いですね
20150712-12.jpg
いつもの至福のトド足です。
20150712-16.jpg

女性専用の露天風呂があるので、安心して楽しめます。
20150712-17.jpg
鶴の湯の半径50m以内に泉質の異なる4つの源泉が湧いています。

それぞれ 白湯 黒湯 中の湯 滝の湯と源泉名がついていますが同じ敷地から効能、泉質共に異なる4つの温泉が湧く珍しい温泉場です。
You Tubeに動画をアップしましたのでご覧くださいませ。
人が多いので短時間での撮影です。


【鶴の湯温泉データ】
住所 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
    0187-46-2139
日帰り入浴時間 10:00~15:00(月曜日露天風呂休み)
日帰り入浴料金  大人500円 小人300円 
泉質 含硫黄-ナトリウム-塩化物、炭酸水素塩泉(硫化水素型)
効能 慢性関節リウマチ・神経痛・糖尿病等

詳しくは 鶴の湯温泉のHP

訪問日 2015年7月12日    撮影 バカボンパパ



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア