古都の桜を求めて京都へ 4 南禅寺

醍醐寺の後は、臨済宗南禅寺派の大本山『南禅寺』へ
タクシーで移動をしていたのですが、ここだけは地下鉄を利用しました。
南禅寺に行く途中、桜の綺麗なところがありました。日本で最初の傾斜鉄道跡「インクライン」の跡は遊歩道として親しまれ、桜の名所となっています。
多くの人が花見を楽しんでいました。桜吹雪になって良い感じでした。

20150415-1_201504152251385e3.jpg

20150415-2_20150415225140e89.jpg
南禅寺
20150415-3_20150415225141328.jpg
臨済宗南禅寺派の大本山であり、戦国武将の藤堂高虎によって寄進された境内の「三門」
天下の大泥棒石川五右衛門が、南禅寺の三門に登り、「絶景かな」と叫んだという逸話が残されていますが、実はこの「三門」は、石川五右衛門の亡き後に建てられたものであると言われています。・・・事実は違うのね
日本三大門の一つだそうです。とても立派です。
20150415-4_20150415225142955.jpg
「三門」に登ってみました。とっても急な階段です。
20150415-5_201504152251438cb.jpg
「絶景かな」そんな感じですね
20150415-6_20150415225240c2b.jpg
南禅寺の三門の上の御堂の天井には竜の天井画が
20150415-7_2015041522524118a.jpg
南禅寺の境内には疏水があります。琵琶湖から京都市内に向けて引かれた水路
現在は上水道の水源として利用されている。
赤煉瓦のアーチを思わせる水道橋は、南禅寺の古めかしさになじんでいます。
20150415-8.jpg

20150415-9.jpg
次は
昼食は南禅寺の参道途中にある京湯葉料理、ゆどうふで名高い「順正」に旅行前から予約をしていましたのでゆっくりと湯葉料理を楽しんできました。

訪問日 2015年4月6日  撮影 バカボンパパ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア