日本でここだけ間欠泉の露天風呂 広河原湯ノ沢間欠泉「湯の華」

二年前の8月に訪問してアブにさされた間欠泉の露天風呂
お盆が過ぎればアブは大丈夫と言うことだったので、またまたリベンジしてきました。
場所は山形県飯豊町大字広河原字湯の沢448-2
ナビにも道路が詳しくは出てこない・・・ダートな道路で最後の4kが長く感じるところです。
今回で4回目ですが、はじめて行った時には途中であきらめて戻ろうかとUターン場所を探していた時に到着でした。
何回行っても最後が長い・・・・秘湯ですから  アハハ
建物は
20140922-1.jpg
内風呂は、加温してますので熱めです。
20140922-2.jpg
内風呂から露天風呂を眺めると
20140922-3.jpg
露天風呂から建物を眺めると
ここの露天風呂は混浴ですね。タオル巻きOKですので間欠泉を皆で楽しめると思います
20140922-4.jpg
間欠泉は10分~40分ぐらいの感覚で突然噴き上がってきます
温度はなんと・・・35℃ぐらいの炭酸を含んだ温泉ですので安全です
20140922-5.jpg
防水カメラのレンズに温泉がかかってしまい上の部分がボケてしまいました
20140922-8.jpg
これは楽しい噴水状態です
20140922-7.jpg
間欠泉の湯口です。出ていない時に耳をすますと温泉の音がします
20140922-6.jpg
いつものトド足です・・・アハハ

20140922-9.jpg

You Tube に動画をアップしましたので雰囲気を楽しんでくださいませ


【湯の華温泉データ】
住所  山形県飯豊町大字広河原字湯の沢448-2
     050-5534-3431
冬季閉鎖  11月中旬~4月末まで冬眠
入浴料    600円  10:00 ~ 16:00
泉質     ナトリウム・カルシウム・炭酸水素塩・塩化物温泉
源泉温度   35.1℃ PH 6.6
お宿のHP http://kanketusen.com/

今は立派な旅館になってますがバカボンパパが初めて行った時には
知る人ぞ知る日帰りの野湯 だったのです
初めての時(2004,年6月)だから10年前のバカボンパパレポートはこちら
現在とは建物や雰囲気が違うかも
でも、10年前とバカボンパパは変わってないのね。進歩がないな~・・・  これでいいのだ
訪問日 2014年9月22日  撮影 バカボンパパ




Comment

[1743] また行きたい!

パパさん、ブログアップありがとうございます。

ここは7、8年前に1度だけ行きましたがとても楽しい温泉でした。
しかし、行くまでの道が遠いのなんのって、あのガタガタ道が思い出されます。
パパさんのを読んでいたら又行きたくなりました。

[1744] おんせんたまご さんへ

おんせんたまごさん、毎度ありがとうございます~♪
暇だったので、姥湯に行こうか、それとも2年前にアブに刺された間欠泉にするか迷ったのですが、おんせんたまごさんに教えてもらった温泉本「まっとうな温泉」を見ていたらまたスタンプが押してなかったので訪問してみました。
期限がないので、今でも本の利用者は多いそうです。
周りに広葉樹が多いので10月の紅葉時期はいいかもです。
でも、ダートな道が本当に長いのね。福島から2時間以上かかりましたね。
仙台から来ていた人は4時間とか言ってましたが
これから紅葉と温泉お勧めですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア