奥会津の湯倉温泉

以前の記事に戻りますが
10月23日に只見線のSLを追っかけて会津川口駅へ SLは、ここでUターンするのですが発車まで2時間19分の待ち時間がありましたので近くの温泉へ
まず、熱めのお湯が気持ちが良い金山町の湯倉温泉共同湯へ直行です

昨年(2011年)7月末の新潟福島豪雨ではこの湯倉温泉を含む只見川流域は大規模な水害に見舞われました。
この湯倉温泉の共同浴場も土砂で埋まってしまったそうですが、自衛隊がかき分けてくれ再開されたそうです。 川岸に建つこの小屋はギリギリのところだったようです。

奥会津の湯倉温泉
入り口を開けると休憩室が
奥会津の湯倉温泉
混浴の浴室 入り口別々で中は一緒
奥会津の湯倉温泉
いつものトド足です
奥会津の湯倉温泉
温泉分析表
奥会津の湯倉温泉
休憩室の壁に書かれていたものを紹介します
奥会津の湯倉温泉

You Tube に動画をアップしましたので紹介します。




以前訪問した時のバカボンパパのHPはこちら
温泉データ
住所 大沼郡金山町本名字上の坪
電話なし’(金山町観光協会0241-54-2311 )  
泉質 弱食塩重曹芒硝泉・・・切り傷、やけど、皮膚病  源泉温度 62℃
料金 100円以上
時間 7:00~20:00


訪問日 2012年10月23日  撮影 バカボンパパ


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/575-3f270585

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア