脱原発の検討をやめるよう圧力を

行政は福島の原発後も何にも変わっていないと言うことですね

東京新聞より
脱原発検討しないよう圧力 原子力委に、エネ庁課長を処分

2012年8月3日 11時03分



 経済産業省資源エネルギー庁の原子力政策課長が、核燃料サイクルの見直しを検討していた原子力委員会に対し「脱原発シナリオの分析を行うことは、慎重派を勇気づける材料になる」との文書を送り、脱原発の検討をやめるよう圧力をかけていたことが3日分かった。

 枝野幸男経産相は同日の記者会見で、文書は個人的に作成されたものと説明した上で「原発を維持するかしないか政府方針が固まらない中、政府が原発維持を画策しようとしていると国民に受け止められかねない」と指摘。経産省は課長を厳重注意処分とした。

------------------------------------------------------
注意処分なんてことで良いのでしょうか
福島県や福島原発の双葉郡の市町村は怒っています

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/551-4e249923

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア