福島県議会選 佐々木慶子さんを勝手に応援します。

原発事故のあった福島県では、県議会選挙が10日告示で11月20日投票で選挙運動が始まります。
原発行政にもっとも影響のある県会議員選挙です。福島県の原発廃止や再稼働等の判断に大きな影響力がある県会議員選挙です。

プルサーマルを認めてきた既成政党に県民の命と生活の判断を任せておいて良いのでしょうか
今回だけは、何としても市民が声を出していかなければならないと思います。
なんとしても放射能の数値の高い所に住んでいる、子供や妊婦だけでも一時避難ができるようにしなければなりません。

私の中学校時代に英語を習った恩師(佐々木慶子)が、以前から反原発運動を市民活動として実行しています。昨年8月のプルサーマル導入判断時期には50日間にわたり県庁玄関前で県知事に対しプルサーマル導入反対運動をしていました
そのとき私は、原発は反対だけど安全に運用できるならそれほどまでに・・・なんて安全神話を信じていました。
もし事故等があっても福島市なら原発より60キロも離れているのだから影響はないと思っていましたが・・・

間違っていましたね。今回の原発事故で安全神話はみごとに崩壊、国・県・電力会社等原発村に群がる人たちによって事故隠しや安全神話作りだけで安全対策を二の次にしてきた実態がわかってきました。
事故から8カ月も過ぎたのに、微量の放射能はたれ流し、原発を冷却した汚染水は何万トンも何処に行ったか分からない状態です。海や地下水になんて考えると・・・海洋汚染等情報公開が遅れています

『福島のおんな達100人座り込み行動』主催者の一人、佐々木慶子さんが福島市区より立候補します。

全国から注目される選挙です。いままでと同じような人たちが議員になっても政策は変わらないと思います。
佐々木慶子さんの行動力と発言力を信じて勝手に応援したいと思います。

ここから佐々木慶子さんからのメッセージの引用
_______________________________________

■福島県議会選挙 2011.11.10告示 11.20投票

~佐々木慶子さんからのメッセージ~
 ただただ「被曝地フクシマ」の行き詰まり状況を放っておけない!子どもたちがあぶない!原発止めたい!という思いのみで立ち上がることを決意し ました。仲間内で「出て欲しい!」との要望があったことが大きかったこともあります。既存政党、組織どこからも応援を得ていません。無所属、無党派、市民 派です!選挙区は「福島市区」です。
_______________________________________

福島県民の皆様へ
今回の選挙は是非投票に行って福島県民の思いを全国に示しましょう
今、変えなければ変わらないと思います
一人一人が声を出していきましょう (バカボンパパ)

10月28日(金)原発いらない福島の女たち」経産省前で座り込みで記者会見しインタビューを受ける佐々木慶子さん(この行動力が今の福島県議会には絶対必要だと思いませんか)
佐々木慶子

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/491-fadc043c

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア