万理一空

大関昇進が決まった琴奨菊の口上に使われた四字熟語は「万理一空」

 ◆万理一空(ばんりいっくう)の意味

 宮本武蔵が長年の修行で到達した精神的境地で、著書の「五輪書」では「山水三千世界を万理(里)一空に入れ、満天地とも攬(まとめ)る」と動揺せずに冷静であることが望ましいという心の持ちようを説いた。
「どんなに遥か遠くまでいっても、空は1つしかない。すべてのものは1つの世界にとどまっている」の解釈から、現在では「目的、目標、やるべきことを見失わずに励む、頑張り続ける」の意味で使われることが多い。

日刊スポーツ新聞より引用
--------------------------------------------------------------------
バカボンパパも目的、目標、やるべきことを見失わずに励むことにしました。
何を~って・・・もちろん トド足でしょう・・・アハハ 違うってが

Comment

[1162]

ステキな言葉ですね~。

いくつになっても目的、目標を見失わず頑張るぱぱさまはカッコイイ!
ほとんどの人は日常の生活でそういう「気づき」さえなくなってるもの。。。
勉強になりました。私も見失うことなく、人生を進めよう。

今後のぱぱさまのアクションに注目ねっ!^^

[1163] まぁこ さんへ

まぁこ さん、毎度です~♪
>ぱぱさまはカッコイイ!
おお、やっぱりそうか~・・・勘違いするぞ  アハハ
目標がないとボケてしまうので、何か見つけていますよ

>今後のぱぱさまのアクションに注目ねっ!^^
あまりプレッシャーをかけないでね、刺激をありがとね~♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/476-b65e642d

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する