微温湯温泉 旅館二階堂(ヌルユオンセンリョカンニカイドウ)

吾妻小富士の中腹、標高900mの高所ある一軒宿の旅館二階堂を訪問。
ここもお気に入りで年に2~3回は訪問してますね。
なぜ、今回訪問したかと言うとあまりに暑いのでぬるい温泉に入りたくなったからです。
福島市内ですが、標高900mなので放射能数値も低いですね。安心です
20110717-1.jpg

茅葺の温泉宿、
開湯は約300年前で、戊辰戦争の際に一軒宿は焼失しましたが、その後1877年に再建され1897年に増築された後現在もその建物は旅館として使われているそうです。
20110717-2.jpg

20110717-3.jpg

20110717-4.jpg
【歴史を感じさせる茅葺きのお宿】

秘湯を守る会のお宿です(秘湯の会の提灯)
20110717-5.jpg
湯小屋の風景
20110717-6.jpg



福島市内が35℃ぐらいだったので、ぬる湯の訪問者が多く今回は湯内での撮影はしませんでしたので以前の画像を紹介しますね。
手前がぬる湯、奥の白いポリバスは加熱したお風呂です
なんせ、泉温が31.8℃でプール状態です
着替える時が一番寒く感じ、汗は出ませんね
20110717-8.jpg
湯口の画像  源泉ドパドバです
20110717-9.jpg
一時間入ってましたので、すっかり涼しくなってきましたね
旅館の前の庭には源泉が見える穴が(深さ1.5mぐらいかな)
源泉が地下水のように流れています
20110717-7.jpg

【温泉データ】
住所:福島県福島市桜本字温湯11
   0245-91-3173
泉質:酸性緑礬泉
源泉温度: 31.8℃  PH 2.9  湧出量 194ℓ/min
入浴代金: 500円  

目に効能があると言われています。

訪問日 2011年7月17日 撮影 バカボンパパ


Comment

[1082] 私も先日行ってきましたよ~

パパさんご無沙汰しています。
相変わらず「福島市」通い続行中の私です。
私も先日行ってきたんですよ。(^m^
(ナビの案内で「険しい道」を行ってしまい、途中泣きそうになりました^^;)

暑い時は最高ですよね~。
ちょうど一緒になった常連さん(?)に「眼に良いんだよ~」と教えて貰ったので
ジャブジャブ洗ってきちゃいました(笑)
とても良い所ですね。ちょくちょく通いたいと思います。
※そういえば、母屋?の脇の2階建ての建物に大きなプーさんがいましたね(笑)

[1083] たるさんへ

たるさん、毎度福島の温泉へご苦労様で~す♪
> (ナビの案内で「険しい道」を行ってしまい、途中泣きそうになりました^^;)
あの道を行くのは、偉い~!!
私は、あの道は途中で引き返しましたから・・・アハハ

> 暑い時は最高ですよね~。
そうなのよ、夏は最高です。11月の中旬までやっていのですがその頃は31℃ぐらいでも湯気が出ていると言うか見えるのよ、着替えは寒くてガタガタですが

> ちょうど一緒になった常連さん(?)に「眼に良いんだよ~」と教えて貰ったので
数年前にジャブジャブやり過ぎて充血してしまったほどです・・・・やり過ぎには注意しましょうね

> ※そういえば、母屋?の脇の2階建ての建物に大きなプーさんがいましたね(笑)
そうなのよ、数年前からいますね・・・アハハ

またお出でませ~♪

[1084]

ぬる湯は暑い夏の楽しみですよね。
でも、31.8℃なんてのは、めったにありませんよね。
さぞや、涼しかったことでしょうね~

[1085] りゆうさんへ

りゆうさん、いつも見ていただき感謝です。
> ぬる湯は暑い夏の楽しみですよね。
そうなのよ、人一倍汗かきなもので湯上り後が普通大変なのですが
ここは、湯上り後の着替えの時が一番寒いのよ・・・アハハ

> さぞや、涼しかったことでしょうね~
涼しくなって良かったですよ、茅葺の旅館も温泉遺産の楽しみの一つです
機会があったらお出でませ~♪ 11月までやってます・・・でも11月は本当に寒いぞ!!

[1088]

ナビだと「険しい道」をひいてしまうんですよね~。
私もそれで泣きそうになりました。^^;

こちらのお湯に浸かれば、今の時期、さぞかし涼しく過ごせるでしょうね~。

[1090]

パパこんにちは。
二階堂。
鄙びた木造の家屋がたまらなく渋いですね!!
「行ってみたいーっ!」と思ったまま未湯です。
酸性緑礬泉って、どんな感触なんでしょう?
鉄の香りがほんわりして、しっとりしみ込む感じなのかしら??
入りたいよ^^;

夏はぬる湯が一番ですね。
昨日まで長野の温泉を廻ってきましたが、
湯と熱気でクラクラしてしまいました(笑

[1092] KAKUKAKUさんへ

KAKUKAKUさん、毎度で~す♪
> ナビだと「険しい道」をひいてしまうんですよね~。
> 私もそれで泣きそうになりました。^^;
ここの道は、私は途中引き返しましたよ
ここを通るのは根性がいります・・・道路の名称が、ぬる湯街道となってますので間違うのが当然だと思います。
入り口にう回路の看板など設置しないとだめですね、
今度、提案しておきます。

> こちらのお湯に浸かれば、今の時期、さぞかし涼しく過ごせるでしょうね~。
そうなのよ、涼しくて良かったですよ♪
機会があったら、また来てね

[1093] YOOMIさんへ

YOOMIさん、毎度ど~す♪
> 鄙びた木造の家屋がたまらなく渋いですね!!
タイムスリップしたような錯覚になるかも、ここは渋すぎですよ

> 「行ってみたいーっ!」と思ったまま未湯です。
YOOMIさんのことだから、きっと来ると思ってますよ・・・アハハ

> 酸性緑礬泉って、どんな感触なんでしょう?
酸性-含鉄(Ⅱ・Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩温泉   (旧泉質名 含緑礬・酸性明礬泉 )
低張性酸性低温泉  31.8℃   PH  2.9  
無色澄明、無臭で弱酸味
・効能 眼病・ヒフ病・貧血等に特効
飲めるのですが、ちょっと酸っぱい・・・鉄分の味かな

> 昨日まで長野の温泉を廻ってきましたが、
> 湯と熱気でクラクラしてしまいました(笑
オイオイ、温泉の回り過ぎだぞ~♪  羨ましいですよ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/456-829a392d

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する