南相馬市の被災地

本日は2年前まで単身赴任していた南相馬市の支店の応援に行ってきました
帰りに以前朝に散歩に行っていた海岸線を見てきました

あ~悲惨でしたね。テレビとかでは見ていたが実際に自分で見てみると言葉にならない。

ここには幸せな家庭があったのでしようね。今は建物の基礎しか残っていません
20110427-1.jpg

高圧線の鉄塔が無残にも
20110427-2.jpg

いつも行っていた火力発電脇のシーサイド公園
ここではプロサーファーの大会も開かれていたところです
20110427-3.jpg

火力発電所もかなりの被害が、タンクが割れています。クレーンも曲がっていましたね
ここの従業員も亡くなった方がいるようです
20110427-7.jpg

以前は家があったはずなのに
20110427-4.jpg

道路もズタズタです
20110427-5.jpg

残った建物は柱だけ
20110427-6.jpg

こんな中でも桜は咲いていましたね
20110427-8.jpg

屋内退避が一部解除された南相馬市原町区の海岸付近です
仕事が終わった夕方5時過ぎに現場に行ったので人はほとんどいませんでした
荒れ果てた荒野の中で・・・・復興はできるのでしょうか
原発の影響で復興の見通しがつかない
人は戻ってくるのでしょうか。時間がかかるのでしょうね
『がんばれ福島!!』

撮影日 2011年4月27日  撮影 バカボンパパ

Comment

[949] バカボンパパさんへ

こんばんわ!お元気でしたか?
いろいろと行動なさっているようで感心
させられます。
お花見も忘れないで行かれてて(笑)
吾妻山の桜は見事です!キレイですね~

福島の方々はお強いですから必ずや
復活されることでしょう!
知り合いに郡山の奴がいますが
半端なく強いですので(笑)
まあ冗談はさておき、本当に人が戻ってきたら
街は動き始めると思います。
ただ今は放射能の問題!コレをとにかく
早く収めなければ行けませんね!
民主党は何やってんでしょうかねv-393

[952] オニキス君さんへ

オニキス君、いつもコメントありがとうございます
ご心配いただき感謝です。元気でやってますのでご安心ください。

花と温泉は震災後も続けております。トド足もあるのですがなんとなくアップするのに戸惑いが・・・ちょっとは考えているのよ

画像の南相馬市は屋内退避がやっと解除されて人が戻りつつあります
仕事がら窓口で市民の皆様と話させていただくと、家が・・・息子が・・・親が・・・
なんてつらい話がでてきます

いずれここも復興すると信じてますが、原発事故放射能の危険性が無くならないと始まらないと思います。いつになるのでしょうね

事故対応を民間企業の東電に任せいてる政府の感覚が私には理解できません
日本の危機なのに・・・政治・政府が   パホーマンス優先の今の首相では・・・
愚痴になってしまいましたね。 『がんばっぺ~福島』です

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/403-b2c82c49

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア