原発事故は防げなかったのか

確かに大きな地震だったので原発事故は想定外だったのだろうか
過信・慢心 やっぱり人災かい・・・・
怒りがわいてきますのでニュースのみを掲載します
---------------------------------------------------------
<福島第1原発>東電「貞観地震」の解析軽視 Yahoo!ニュースから引用
毎日新聞 3月26日(土)18時47分配信


東京電力福島第1原発の深刻な事故原因となった大津波を伴う巨大地震について、09年の経済産業省の審議会で、約1100年前に起きた地震の解析から再来の可能性を指摘されていたことが分かった。東電は「十分な情報がない」と対策を先送りし、今回の事故も「想定外の津波」と釈明している。専門家の指摘を軽んじたことが前例のない事故の引き金になった可能性があり、早期対応を促さなかった国の姿勢も問われそうだ。

-------------------------------------------------------------------------
◇「『想定外』は言い訳」

 東電の武藤栄副社長は25日の会見で「連動地震による津波は想定していなかった」「(貞観地震に対する見解が)定まっていなかった」と釈明。東電の対応に、岡村さんは「原発であれば、どんなリスクも考慮すべきだ。あれだけ指摘したのに、新たな調査結果は出てこなかった。『想定外』とするのは言い訳に過ぎない」と話す。【須田桃子、藤野基文】

-------------------------------------------------------------------------

Comment

[895] 拝啓AC(公共広告機構)殿

拝啓  
公共広告機構殿

貴団体は、今マスコミを、通じて「いま、わたしにできること」バージョンで、
「デマに惑わされないように」と仰いますが。

貴団体の正会員でも或る、東電が、国、保安院、原子力安全委員会などと一緒になって、
原子力発電は、安全というデマを、長期にわたりTV等で、タレ流し続けてきた事を、
どうお思いになっていますか?。
少なくとも、東電については、除名なり、何らかの処分は、する予定は、ありませんか?。
いつも、上から目線で、国民に、マナー、道徳、倫理などを、説いてきた事に、恥ずかしいという
気持ちは、ございませんか?。
それに比して、地震の発生率が、極端に低いドイツでは、25万人規模で、「反原発、脱原発」の
デモが、ありました。デマではなくデモです。
日本で、反原発、脱原発のデモが、起きないように、起きないようにと
何処か、世論を、ミスリードしているようにも、かんぐってしまいます。

いま貴団体としてのCMは、
「私どもの正会員でもある東電の福島原発の事故を、おこしてしまい、申訳ありません。
原発は、決して安全では、ありませんので、全国9電力会社は、正会員から、はずしました」
と、TVのCMで垂れ流し続けてほしい。
このことが、公共的であり、良心的であると思います。
貴団体の理事会を、緊急に、開催されることを、強く望みます。

[896] Re: 拝啓AC(公共広告機構)殿

すぎてっく さん
同感です。日本で今 原発廃止へのデモが起きないことが不思議なぐらいですね
福島原発が落ち着けば、なんて思っている方が多いのではないでしようか
現実には今、正常に稼働している原発も福島原発と同じ危険性を持っているのです
反対運動は、今すぐ始めなければと思って声をあげてます。

AC(公共広告機構)にも、反省をしていただきたいですね。 すぎてっく さんに共感してます

震災後のテレビCMの代わりにAC(公共広告機構)の同じものを何度も何度も繰り返し、15分おきにたれ流しです。
CMが発信できないのでしようが、これを見ている人はうんざりでした。
我が家に地震で避難していた、母がしつこくていやだと なんで同じものだけを繰り返すのかと・・・
自粛なんでしようが、もっと工夫がなければ逆効果なのです
その辺が、AC(公共広告機構)がわかっていないと言うか理解できないんでしようね
きっと天下りの無駄な金ばかり使うアホな団体かなと思っています。 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/376-b0499b01

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア