「隠れかっぱの湯」の撤去を考える

青森県の「隠れかっぱの湯」が撤去されまたね
ニュースで放映していましたので掲載します

むつ市の薬研渓谷にある温泉跡、通称「隠れかっぱの湯」の解体作業が19日、始まった。県が公衆衛生上不適当などと指摘し、一帯の国有林を管理する下北森林管理署が17日から取り壊す計画だったが、直前になって抗議のメールが市に殺到。市の要請により、解体が延期されていた。
You Tubeに掲載されていたニュース動画を掲載しいましたら本日、急に非公開になってしまいました
何本かあった動画がほとんど消えてしまってます。何処から圧力があったのでしょうか
それとも役所に抗議が沢山あり削除されてしまったのでしようか。なんとも納得のいかない展開になってますので新聞関係のニュースを掲載します。

asahi.comに掲載の記事です。
 市ではこの間、存続策を検討したが、国定公園内にあり、また、川沿いに立地することから脱衣所などの建設が難しい、として借り受けを断念。ほかに管理者が見つからず、森林管理署が解体・撤去に踏み切った。市は3月末までに改修を終える奥薬研温泉の元祖「かっぱの湯」を利用するよう呼びかけている。


 この日は建設会社の作業員がドリルなどを使い、湯船のタイルや周辺のコンクリートをほぼはがし終えた。何度も通ったという市内の男性(60)は解体について「もったいない。お役所は無粋なことをする。利用のルールをつくり、存続することは出来なかったのか」と話していた。
---------------------------------------------------------------------------------

地元の方や秘湯ファンが利用していた「隠れかっぱの湯」

撤去の理由は
浴場が道路から見え、管理者不在
公衆浴場法違反として入浴禁止   そして撤去

道路から見えて嫌な人は、もともとそこには入らないと思うのね
野湯状態を地元の人たちが大事に利用してしてきたところです
なんで、役所が介入してくるのでしょうか・・・残念です


私が住んでいる福島県でも同じような事が2009年にありました。
詳しくは続きを見てください
南会津の湯野上温泉「河原の露天」が2009年の5月の連休で突然閉鎖されてしまいました。
絶景露天風呂なんて良くマスコミにも紹介されていたところです。

橋の上から見た露天風呂
20110225-yunokam1.jpg
露天から橋を
20110225-yunokam5.jpg


所轄の●●事務所の新●長が原因だとの噂です(噂ですので●●で隠します
人事異動で来た方が地元の大事な観光資源と言う事を理解できなかったのでしようね
橋の上から見えますので駄目だと・・・それを承知で皆さん温泉を楽しんでいたのに
『公衆浴場』として申請しろと言われたのが原因で閉鎖に・・・
今までは『野湯』扱いの様な感じなので許可・認可なんて当然無理です
河原に湯船があるだけだから申請しても認可なんて

脱衣場を作れば・・・・ なんて意見もあったようですが
国交省の土地だから河川敷に脱衣場は造れないようです

これを公衆浴場法で考えること事態が無理なのです。
地域の大事な観光資源が・・・県の行政により無くなってしまいました

今までは、黙認というか、あえて触れないようにしていたのをアホか
一旦閉鎖してしまったものを復活するのは、難しかしいでしようね

今回、「隠れかっぱの湯」が撤去されたニュース見てこの記事を書きました
以前私のHPを見てここを訪問した方から、露天風呂が無くなってましたよとメールをいただきましたが当時は原因がわかりませんでした。
今回隠れかっぱの湯の件でネット調べたら同じような原因で大事な温泉がつぶされていたことがわかりました。

やっぱり感じたことを声にだして発信していかなければなんて思います
公衆浴場法だけでは温泉は図れません。
役所が介在すると塩素臭いつまらない温泉だらけになってしまいます

アハハ・・・ブログ復活としてはちょっと硬い話になってしまいましたね

Comment

[817] 放って置いて!

現実的には野湯の状態なのですから、
役所には放って置いて欲しいですねぇ~
何も撤去しなくても・・・誰が困ると言うのでしょう?

[818] ぽんこ さんへ

ぽんこ さん、いつも見ていただきありがとうございます
コメントありがとうございます

多額の税金を使ってまで壊す必要があるのでしようかね
大変疑問に思ってます
もっと税金の使い道を考えてほしいものです

>役所には放って置いて欲しいですねぇ~
本当にその通りだと思いますね
庶民のささやかな楽しみを奪うな~・・・ちょっと怒ってみました

[819]

パパ。
ちょっと前の記事のコメントごめんなさい!
実は、今週青森に行く予定で、「隠れかっぱの湯」は、
行きたい温泉でリストアップしていたうちの一つでした。
(もう・・・行くことは出来ませんが。)
温泉マニアでもない、うちのお母さんが朝破壊される湯舟をTVのニュースで観て
「かっぱの湯、かわいそうね。地元の方が皆悲しんでいたわ。
何で壊す必要があるの?」と言って疑問を持っていたくらいですから、
温泉ファンにとっては、大変残念で理不尽な出来事です。

湯野上温泉「河原の露天」・・・・
私が行った時は既にからっぽでした。
「八町共同浴場」は、地元の方で守られている素晴らしい例ですよね。

本当にもう壊さないで欲しいです。。

[821]

 法令、条例に基づいて判断し執行するのが役所の仕事ではあるが、地域の実態を見極めない浅はかな行為は遵法の精神に反するものです。きつい言い方をすれば所管役所の地域を観る能力の低さを露呈します。口にこそ出さないが腹を立てている普通の住民も少なくないと思うよ。
 この地域の住民も好き勝手にやっていたわけではなく清掃から修繕までこつこつとやっていたわけで地域の実情へ手を貸し財産を守り発展を願うのが地方行政ではないのかな・・・。長年の黙認から一転、歩み寄りがないままの即時撤去。お役所仕事と悪評をたてられても仕方あるまい。温泉をはじめ貴重な自然財産の管理、保全、発展、継承は誰が行うのだろう。

[822] YOOMIさんへ

YOOMIさん、毎度ありがとさんで~す♪
「隠れかっぱの湯」のYou Tubeのニュース動画本日突然に非公開になってしまいました
役所に全国から抗議のメールでも行ったのか、反響の大きさに圧力でもかかったようです。
私の方でもYou Tubeからネットニュースに急遽切り替えました
>温泉ファンにとっては、大変残念で理不尽な出来事です。
そう思っていただきありがとうございます

>実は、今週青森に行く予定・・・・・
お~い、温泉回り過ぎだぞ~アハハ
本当に全国制覇もまじかですね
YOOMIさんのレポート楽しみにしてますね
そのうちガイドブックや温泉関係のTVに出てきそうな予感がしてるのよ
最近「山ガール」なんて言葉が流行ってますので「スパガール」なんてね

[823] はるく さんへ

はるくさん、毎度コメントありがとうございます
隠れかっぱの湯もそうですが福島県の湯野上温泉の露天風呂もひどいですね
湯野上温泉のシンボル的存在でしたから、なおさら怒りがこみ上げてきます
コンプライアンス(法令遵守)も、地域の現状や経過を考えてほしいものです

訳のわからない役所の上層部の一人の判断ですよ
地域の状況を把握できないような人は・・・・です
今、福島県は観光を前面に出しています。県知事も会津方面の方です
廃止された現状を知っているのでしようか? 聞いてみたいものです
県議会なんかで議員さんが質問でもしてくれると面白いのですがね

[825]

 その通りですよね。湯野上温泉河原の湯はいつの間にか閉鎖でオフィシャルな周知はありませんでした。もともとオフィシャルじゃないから当然か・・・。しかしながら地元のオフィシャルと言うべき観光協会、町議会は了承したのか未だ疑問です。今更ながら論議は県議会レベルでぶり返してほしいです。下郷町大川の河原は手で砂利をかき分ければ湯が湧き出す自噴の野湯です。河川の規模こそ違えども柳津町西山の荒湯、金山町の八町・玉梨の湯も河原から湧く湯です。いずれもこの財産を地域住民と町役場、観光協会が連携し地道に守っています。県・東北レベルの役所にはそこまで目線を落として判断をしてほしいものです。(あんたたちも一度や二度は温泉で職場の宴会をやったことがあるだろうが!・・・失礼しました)

[826] 切ないですね・・・

バカボンパパさん こんにちは。。。
凄く悲しいことですね(T_T)
自分のリンク先・・湯めぐりの師匠「温泉人ぼさん」の湯上がりのひとときに・・・でも、記事にしてました。
色々な方々のブログを参考に、この2年間、怒濤のように湯めぐりをしました。
で、一番感じたのは「温泉は文化」であると言うことです。
野湯にしても、鄙びた温泉宿にしても、文化を守るために、努力をしている人達がいるということ。
歴史的な文化も、美術的な文化も、温泉文化も同じじゃんって思います。
良き文化を継承し大切にしていく心・・大切にしたいですよね。。。

[827] はるく さんへ

>しかしながら地元のオフィシャルと言うべき観光協会、町議会は了承したのか未だ疑問です。
コンプライアンスが前面に出ると対応が難しいと思いますね
本音ではきっと了承はしていないと思いますね

皆で声をあげましようね。
復活させろ~っと!!  

[828] 札幌温泉人さんへ

札幌温泉人さん、毎度で~す♪
共感いただきありがとうございます

北海道の温泉で例えると、以前訪問した吹上露天の湯(無料野湯)がつぶされてしまう感じなんですよ
こんな悲しいことはないですよね
温泉ファンはもちろん普通の人も共感できると思いますね
つぶして、なんのメリットがあるのでしようか

> 一番感じたのは「温泉は文化」であると言うことです。
> 野湯にしても、鄙びた温泉宿にしても、文化を守るために、努力をしている人達がいるということ。
> 歴史的な文化も、美術的な文化も、温泉文化も同じじゃんって思います。
> 良き文化を継承し大切にしていく心・・大切にしたいですよね。。。

さすが札幌温泉人さん、今後とも仲良くお付き合いくださいませ
ケッツーとトド足の輪を広めましようね

[1468] 思い出の温泉

かくれがっぱの湯は個人的に思い出が沢山つまった温泉です。久しぶりに写真を目にしたらまた泣けてきてしまう・・。日本っていう国は・・どうしようもないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/360-442fd0ed

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア