野地温泉ホテル

本日は、お休みでまたまた温泉へ行ってしまいました
雪見露天風呂に入りたくなったので土湯峠1200mの所にある野地温泉ホテルへの訪問です。
道路には若干雪がありましたが問題ない程度です
平日の温泉は人が少なくて良かったですよ

ホテルの全景
20110111-9.jpg
お気に入りの檜風呂「千寿の湯」足元自噴してます
20110111-7.jpg
源泉かけ流し  湯船が3つありそれぞれ温度が違います ここは45℃
20110111-6.jpg

20110111-8.jpg
露天風呂での至福のトド足です。
20110111-3.jpg

20110111-5.jpg

動画で露天風呂を撮ってYou Tubeにアップしましたのでご覧くださいませ



ここはおすすめですね。★★★★ なんて感じですね

温泉データ
住所 福島市土湯温泉町字野地1
   ℡ 0242-64-3031
泉質 単純硫黄化水素泉
   源泉温度 50.3℃  PH 6.18
入浴料 800円
時間  10:00~15:00 土曜日 10:00~14:00

訪問日 2011年1月11日  撮影 バカボンパパ
バカボンパパ 2011年 入浴数 5湯目

Comment

[769] 5湯目おめでとうございます!

野地温泉~いいな。
高湯に行くか、野地に行くか、新野地(相模屋旅館さん)迷いました。・・・で結局高湯へ。

やっぱり雪見露天風呂は臨場感ありますね~。
足下自噴の湯があるとは知りませんでした。
ん~、かなりそそられます。
追伸:VTRがパパの足で終了するのが良かったですよ!

[770] YOOMIさんへ

YOOMIさんも山の温泉を回っていたようですね
熊の湯温泉、うらやましいぞ・・・アハハ

土湯峠の温泉は6軒ありますが、冬季間は野地と新野地しか営業をしておりません
何処もお勧めなんですが、特に「千寿の湯」の足元自噴が渋くて良いですよ
>VTRがパパの足で終了するのが良かったですよ!
どこかでトド足をと思ってたのよ。見ていただき、ありがとさんです

[771]

雪がちらつく中の”露天風呂”
景色はよさそうですけどね。
ちょっと自分は寒がりだから無理かな?

[772] みやっちさんへ

みやっちさん、毎度で~す♪
ここは標高1200mありますので寒さも半端ではありません
内風呂で頭を洗ってから露天にいったら髪の毛が凍りそうでした
でも、たまにはこんな露天も良いのよ

[773] 青っぽい湯ですね・・

って・・ 硫黄の湯なんですね。
いいなぁ~ 内湯の感じ、露天風呂の感じ・・共に、素晴らしいです。
新春から、トド足・・炸裂、こちらも、良い感じです(^^)

[774] バカボンパパさんへ

こんにちは、良いですね~雪をみながら
露天風呂!!若干の雪?いやいや
タップリあります!v-411
TV番組の「いい旅...」とか見てるより
雰囲気が分かりますよ~あー温まりたい!

[775] 札幌温泉人さんへ

札幌温泉人さん、毎度で~す♪
いつも見ていただきコメントありがとうございます

そうなのよ、ここもお気に入りの一つです
硫黄に包まれていますよ
今年もトド足にお付き合いくださいませ

[776] オニキス君へ

オニキス君、コメントありがとうございます
雪見風呂も良いのですが、脱衣所から温泉に入るまでが寒いのよ
標高1200mですので、樹氷とまではなりませんが一歩手前なんて感じの雪の塊が・・・
頭寒足熱でええよ~♪

[777]

こんにちは
ここは幕川温泉から安達太良山に行く途中で通った所です。
広い駐車場から雲海が見えた事を思い出しました。
中は雰囲気いっぱいの温泉だったんですね。
白濁したお湯が良い感じ♪
「ここが混浴だったらなぁ~」って思っちゃいました。(^^ゞ

[778] TONOさんへ

TONOさん、毎度で~す♪
そうです土湯峠の一番手前にある大きな温泉ホテルです
ここの自噴風呂がお勧めなんですがこの時期湯気が多くてデジカメでは雰囲気が伝わらないかも
>「ここが混浴だったらなぁ~」
混浴となると幕川温泉の水戸屋さんですね
貸切風呂ならある所が多いのですが
ここ良いですので、近くに来た時に立ち寄ってくださいませ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/355-4ab6f6c2

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア