岳温泉 喜ら里

岳温泉 喜ら里に行ってきました
もちろん雑誌「温泉博士」12月号を利用しての訪問です。
岳温泉の湯は、安達太良山の中腹にある源泉からの引き湯です。

建物の入り口
20101204-2.jpg
素敵な内風呂です
20101204-1.jpg
忘れの湯 昨日を忘れ 明日を忘れ ・・・・私は誰~ここは何処・・・飯を食ったかな・・・なんて、あぶないあぶない
20101204-4.jpg
ちょっと小さめな露天風呂
20101204-3.jpg
この時期の浴室内の撮影は難しい、トド足が曇ってますね
20101204-5.jpg


福島県二本松市岳温泉1-106
℡ 0243-24-2225
時間 13:30~16:00
入浴料 1000円
泉質 酸性泉

訪問日 2010年11月27日  撮影 バカボンパパ

Comment

[703] お。

岳温泉だ~。
会津より、ちょっと高湯寄りですよね?(福島の地理勉強中!)
今回気になってたけど、結局高湯にいったので、
岳にはいけなったんです(涙)
pH2.5の酸性泉なんですね!ぴりぴりしそう。
あ。
ちなみに「温泉博士」わたしもお世話になってます♪

[704] YOOMI さんへ

YOOMI さん、コメントありがとうございます~♪
> 今回気になってたけど、結局高湯にいったので、
お~高湯にも来たのかえ~
奥会津から高湯まで凄い行動力ですね

岳温泉は次にとっておいてくださいませ
> pH2.5の酸性泉なんですね!ぴりぴりしそう。
岳温泉とか高湯温泉はピリピリは感じないですよ
山形県の蔵王温泉の硫黄泉は、スキーの後に入るとヒリヒリなのよ

> ちなみに「温泉博士」わたしもお世話になってます♪
アハハ・・・同じですね
そう言えば、そろそろ「温泉博士」読者ライターの原稿を書かねば、奥会津方面の温泉を書こうかななんて思っていたところです。

[710]

こんばんは
ここも良い感じですね~
PH2.5なんですか!?
以前蔵王に宿泊したときに、
タオルが一晩でボロボロになったのを思い出しました。
でも蔵王のお湯ってPH1とかの強酸性だったかなぁ・・・

[711] TONOさんへ

TONOさん、毎度で~す♪
ここの源泉は、安達太良山の中腹にありますので温泉街まで7.8kmの引き湯されてます。
お湯は山肌をとうとうと流れ下り、管の中で適度に湯もみされて、肌にやさしい柔らかな湯になってますので酸性の割には肌にやさしいですね
TONOさんなら、安達太良山の帰りにでも入ると良いと思いますよ
温泉データ
・源泉温度  56.7℃
・知覚的試験では 無色、無臭にして微白濁、強酸味を呈する。
わずかに白色の沈析物を認める。
・pH値 pH2.5





[715] バカボンパパさんへ

こんばんわ、私も最近めっきり物忘れが
激しくて...ってこの温泉行ったこと無いやv-411
もうストレス溜まりっ放しで温泉行きたいっす~
時間が欲しい~

[717] オニキス君へ

オニキス君、コメントありがとうございます
ストレス溜まったら温泉良いですよ
>時間が欲しい~
時間は自分でつくらないとできないぞ
頑張ってね~♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/345-641f3adb

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア