滑川温泉 福島屋

兄から電話があり暇とのこと。では温泉へと言うことで秘湯を案内しました。
ちょっと途中の道が狭いのと助手席側からは下の谷が良く見えるのか不安がっていました、私はいつも行っている道で狭い道路の方が対向車があってもお互いに普通の道路以上に注意しあうので逆に安心なんですよ・・・なんて
運転手は前しか見ていないので谷や路肩はあまり気にしないのね・・・アハハ

山形県米沢市の秘湯 滑川温泉は吾妻連峰東大嶺(1927m)の中腹にある温泉で標高850mです
昔(若い頃)吾妻山の登山で滑川温泉に下山してきた時がありました。結構きつい下りでしたが
その時がバカボンパパの混浴デビューだったのかな、今思うとそんな思いのある温泉です
ここ滑川温泉は毎年4月下旬と紅葉時期には訪問してますね・・・・アハハ

20100731-7.jpg
混浴の内風呂です。入口(脱衣所)が別々なので比較的入りやすいかな
20100731-1.jpg
湯小屋の天井は丸太が・・・雰囲気がいいですよ
20100731-2.jpg

20100731-3.jpg
いつものトド足です
20100731-4.jpg
露天岩風呂(混浴) 本日はちょっと熱めでしたが普段は適温で長湯ができます。
従業員の方に言ったら気温が高いと源泉温度も高いのよとの返事でした。ちょっと入って檜露天風呂へ移動
20100731-6.jpg

檜露天風呂(混浴)
20100731-5.jpg

バカボンパパ的には、ここは秘湯の道路としては中級かな
この上の姥湯はもっと道路がせまいのでもっと上ですね
この付近で秘湯の道路の上級は、大平温泉です。なんせバカボンパパでさえ運転中は心拍数が上がりますので運転に自信が無い方は旅館の送迎の車がおすすめですね
皆様、安全な秘湯めぐりをしてくださいませ


帰りに峠駅付近の「峠の茶屋」に回って食事とお土産を 懐かしい「峠の力餅」 以前は奥羽本線峠駅が、スイッチバックでしたが無くなって20年目ぐらいになります、その当時は峠駅のプラットホームで売っていたものです。

スイッチバックと言ってもわかりますかね?
鉄道において、急勾配を登るためなどの目的で設けられる施設で、駅構内に列車が到着すると突然バックして軌道を変更して前進してから駅に到着してましたね。Z(ゼット)のように進むものでした。 
福島と山形の県境を越える板谷峠は急勾配の難所で、スイッチバックの駅(赤岩、板谷、峠、大沢)が連続していた。1990年(平成2年)9月1日からの山形新幹線工事に伴い、スイッチバックは廃止され、路線の改良により駅は移転しましたので峠駅構内での販売がなくなって「峠の茶屋」での販売となってます。
20100731-8.jpg
天ざるを注文したら、この時期は山菜の天ぷらが無いので、ざるそばのみ。おすすめは、イワナの甘酢唐揚げとの事だったので注文。たしかに美味しかったですね。 以前食べた時はジダケ(まがり竹)の天ぷらが美味しかったのですが
20100731-9.jpg

住所 山形県米沢市大字大沢字滑川15番地
   ℡ 090-3022-1189
営業 4月下旬~11月上旬
泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
源泉 54℃

以前バカボンパパが訪問した時のレポートはこちら

再訪日 2010年7月31日 撮影 バカボンパパ

Comment

[541]

 バカボンパパさん こにゃにちわ。
 実は私は滑川、姥湯、新高湯、大平は成人以降未湯なのです。滑川、姥湯は人気の湯なのでいつも混んでいそうでどうも避けてしまいます。福島駅からも考えている以上に近いですよね。やっぱり平日も混んでいるのでしようか?
 新高湯はリフト乗り場の先の急な上り坂で4人乗り軽自動車がストップしてしまい断念した苦い思い出があります。そして大平、ここは全くバカボンパパさんの文の通りです。私は水田の先から藪に入った砂利道で運転技術に危険を感じて!?早くもあきらめました。(笑) どうせ行くなら泊りにしようと思いつつ10年が経過してしまいました。
 吾妻山の温泉は想像以上に山深く車の走行距離以上に険しい秘湯ですね。しかし米沢の秘湯に泊まりたい!

[542] はるく さんへ

はるく さん、毎度で~す♪
>  実は私は滑川、姥湯、新高湯、大平は成人以降未湯なのです。滑川、姥湯は人気の湯なのでいつも混んでいそうでどうも避けてしまいます。福島駅からも考えている以上に近いですよね。やっぱり平日も混んでいるのでしようか?
滑川はそうでもないような感じを受けましたが
姥湯は人気だと思いますね

>  新高湯はリフト乗り場の先の急な上り坂で4人乗り軽自動車がストップしてしまい断念した苦い思い出があります。
後半の登りがきついですよね、スピードを緩めないで一気に登るしかないのでは、旅館の手前だけなので再度挑戦してみてはいかがでしようか

>大平温泉 私は水田の先から藪に入った砂利道で運転技術に危険を感じて!?早くもあきらめました。(笑)
私も初めて行った時は、旅館の車以外通行止めだったので水田の先から藪に入った砂利道を歩いていたら旅館の車に拾われました。
二回目は、平日に行ったのですが運転は心拍数が上がりぱなしです、なんせカーブでは切り返しをしないと曲がれないところが2か所もありましたから、姥湯にもスイッチバックのところがあるのですが姥湯の道路が楽に感じるくらいです・・・温泉は素晴らしいのですが運転はおすすめしませんね 

苦労して行くと感動が倍になりますね。

[543]

こんばんは
ここの温泉も非常に魅力を感じてしまいました。
混浴の内湯って言うのも良いですね~
またしても行ってみたい病にかかってしまったかも。(笑)
峠の力餅・・・山形新幹線「つばさ」に乗って、
米沢付近を通ると車内販売で売ってますよね。
一度は食べてみたいと思いつつ、まだ食べたことはありません。(^^ゞ

[544] TONO さんへ

TONOさん、毎度で~す♪
ここは、TONOさんにおすすめの温泉です。
普通に混浴ができる温泉ですよ
山だと、ここからの登りよりも下山してくる方がいいかな。温泉だけでも十分楽しめますが
ここの上の姥湯も良いですよ。ちょっと山小屋風ですが

> またしても行ってみたい病にかかってしまったかも。(笑)
また出張の帰りにでもトライしてみてくださいませ

> 一度は食べてみたいと思いつつ、まだ食べたことはありません。(^^ゞ
現地に行くと、力餅ちよりもつきたてのおもちの方が良いかな

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/296-8cdea097

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア