白布温泉 西屋旅館

新高湯温泉の帰りに白布温泉いつもの西屋旅館さんに回ってきました
新高湯から2kぐらいの近いところにあります。
ここの温泉は、福島の浄土平らから西吾妻山へ縦走した帰りや天元台でのスキー帰りにはいつも回っているところです。
以前は、西屋・中屋・東屋がありましたが火事で中屋と東屋は燃えてしまい西屋さんだけが残った貴重な茅葺小屋の旅館です。
東屋さんは、新しく建て直して露天風呂もできましたが内風呂は西屋さんと造りが同じで湯滝です


開湯700年 この建物は200年
湯滝のように凄い量の温泉が流れています

江戸時代からの建物なので、もちろんシャワーやカランなんてものはありませんよ

20100606-20.jpg


20100606-21.jpg

中庭からは湯滝小屋全景を見ることができます
20100606-22.jpg

茅葺小屋の西屋旅館(本館は本陣造り)
20100606-23.jpg
You Tubeにアップしましたので湯滝の雰囲気をお楽しみください



温泉データ
山形県米沢市大字関1527
℡ 0238-55-2480
泉質 カルシウム-硫酸塩温泉
源泉温度 56.8℃  PH 7.8
入浴料 500円
訪問日 2010年6月6日  撮影 バカボンパパ

興味のあるかは西屋さんのオリジナルHPをご覧くださいませ

以前バカボンパパがレポートしたページはこちら


Comment

[517]

こんばんは
半端なく歴史のある宿ですね~
200年もの間、変わらずそこにあり続けるとは凄いことです。
湯滝から流れ落ちるお湯と、浴槽を叩く音・・・
200年間絶え間なく続いていると思うと感動ですね。

過去のレポートも拝見しました。
湯船から溢れ出たお湯が、廊下のスノコの下を流れていく・・・
これは暖房として利用したんでしょうか?

[518] TONO さんへ

TONO さんへ
毎度見てくれてありがとさんど~す♪

> 200年もの間、TONO 変わらずそこにあり続けるとは凄いことです。
建物の中がとても綺麗に整理されています。大事に使われているのがわかります。
本陣造りなので、昔は殿様も入ったのでは・・・そんな感じがする歴史のある建物です
源泉かけ流しと言うよりは小川のようになってます

機会があったら、是非回ってほしい温泉ですね

[519]

 毎度こんにちわです。白布温泉西屋さんには数年前の夏に家族で宿泊しました。公表されてはいない低料金の部屋を利用しましたが床や柱が黒光りするほど磨きこまれ感動モノでした。また、食事の間も重厚な作りで米沢藩の歴史を感じさせるものでした。夕飯は和風モダンといった感じの創作料理が並び得した気分に浸ってしまいました。
 湯滝のある湯小屋はもちろん最高でした。湯は強烈に熱かったのですが黒光りした石の床に座っているだけでも満足でした。別棟に貸し切り家族風呂もありました。1泊でしたが自分にとっては未だに語れる大絶賛の宿です。
 昭和の時代にはかやぶき屋根の宿が3軒並んでいました。火災で焼けてしまった隣の中屋さんの土台が残っていましたが返す返す残念な出来事でした。西屋さんに学ぶべき温泉旅館も多いと思いますよ。

[520] はるく さんへ

はるく さん、毎度ありがとさんど~す♪
西屋旅館さんに宿泊してたのですね。私はスキーのときに上の天元台とか吾妻からの縦走途中に山小屋しか止まっていないのよ。帰りに汗を流しに回るだけです
公表されていない部屋もあるのですね。情報ありがとうございます

> 床や柱が黒光りするほど磨きこまれ感動モノでした。
そうですよね。本当に黒光ですものね
お風呂の石床も黒光してましたね

> 自分にとっては未だに語れる大絶賛の宿です。
入り口を入ると古さを感じさせない手入れの良さ、旅館さんの日々の努力なのでしようね

>  昭和の時代にはかやぶき屋根の宿が3軒並んでいました。火災で焼けてしまった隣の中屋さんの土台が残っていましたが返す返す残念な出来事でした。西屋さんに学ぶべき温泉旅館も多いと思いますよ。
まったく同感ですね。屋根の宿が3軒並んでいたころも訪問してましたよ
三軒とも同じような造りだったですね。湯滝の風呂などはまったく同じだったような

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/279-7a5ad709

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア