小野川温泉 

以前、行って気になっていた温泉旅館と言うか旅籠みたいなところを訪問してきました
雪がある時の画像

20100403-1.jpg

本日の画像(2010/04/03)
山形県米沢市の小野川温泉 扇屋旅館

20100403-2.jpg

女将さんにお聞きしましたら、創業は江戸時代とのこと入口の建物は明治時代で奥の蔵造りのものは江戸時代とか
歴史がありすぎです。このレトロな建物がなんとなく気になっていました

内風呂は、新しいものでしたね

20100403-3.jpg

熱め(44℃程度)の源泉かけ流しの気持ちのいい温泉です
いつものトド足です
20100403-4.jpg

小野川温泉は源泉温度が高い(80.3℃)ので、共同湯の入り口わきではお土産屋さんが温泉卵を作ってましたね
お土産に買ってきましたが10個で420円は安いですね。
20100403-5.jpg

温泉街の中心には共同湯(尼湯)があります
20100403-6.jpg

米沢地方の方言がありましたので紹介しますね
「おしょうしな」   わかりますか?  解答は下に

20100403-7.jpg

「おしょうしな」 = ありがとう


扇屋旅館 温泉データ
山形県米沢市小野川温泉2432 TEL:0238-32-2521
・源泉温度 80.3℃    PH 7.6
・泉質  含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
・源泉名 協組第4号源泉
旅館HP

放射線を発するラジウムを多く含んでいる・微弱な放射線は神経痛に効果を発揮するようです。
小野川温泉は、硫黄温泉であることから「美肌効果」もあり小野小町の伝説と相まって「美人の湯」といわれています。
バカボンパパもトド足美人ではなく美足になるかも・・・アハハ
訪問日 2010/04/03

小野川「湯ぐり」湯めぐり
◆小野川温泉すべての15軒の旅館・2軒の共同浴場計17箇所のお風呂巡り
◆1,000円の入浴手形(独楽)を購入すると、3箇所のお風呂が入浴できます。


Comment

[442] 美人の湯

こんばんは
そういう目で見ると、
いつものトド足がややほっそりと美人足になったような・・・(笑)
母が米沢に住んでいたことがあって、
たまに「おしょうしな」って使ってますよ。(^^)

[443] Re: 美人の湯

TONO さん
毎度で~す。コメントありがとうございます。

> いつものトド足がややほっそりと美人足になったような・・・(笑)
アハハ トド足美足になったですかね
ここ小野川温泉は、温泉街の努力もあって人気の温泉街です。ちょっと熱めですが

> たまに「おしょうしな」って使ってますよ。(^^)
福島の隣なのですが、私はじめはわからなくて、おしっこでもするのかな・・・なんて思ってしまいましたが、全然違うのね
ありがとうですものね。
TONO さん、おしょうしな~♪

[447]

お久しぶりです♪
小野川温泉、いいお湯ですよね~♪
実際科学的にもすごいお湯らしいですよね。

「おしょうしな」って山形弁の中でも米沢方面独特の言葉ですよね。
仕事で山形の方と電話した時など「おしょしなすー」って挨拶のように言われたりしてたんですが、のちに「ありがとう」という意味だと知りました(^v^*)
母の出身が山形なので、山形弁にはふるさとのような温かさを感じます☆

[448] Re: タイトルなし

mikan さん
毎度で~す♪

> 小野川温泉、いいお湯ですよね~♪
> 実際科学的にもすごいお湯らしいですよね。

そうなんですよ。酸化還元・・・・とか、とても体に良いとか
なんせ、美人の湯ということも   マイナスイオンが多いとか
私のお気に入りの温泉のひとつです

> 「おしょうしな」って山形弁の中でも米沢方面独特の言葉ですよね。
この地方独自ですね。隣の県というか隣の市の福島市でも通じない言葉ですので

> 母の出身が山形なので、山形弁にはふるさとのような温かさを感じます☆
方言は、その地方を表現するものでなかなか面白く温かさを感じます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/249-084471bd

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア