大塩裏磐梯温泉 ホテル観山

10月30日に温泉博士を利用して訪問してきました

ここの温泉は、塩分の多いしょぱい温泉です。この源泉を煮詰めて塩を作ってますので
建物は
20091107-11.jpg

脱衣所には畳が
20091107-12.jpg

内風呂(温泉)
20091107-13.jpg

露天風呂(温泉ではないようです)
20091107-14.jpg

いつものトド足が沈んでしまっています
20091107-15.jpg

温泉データ
源泉名 大塩裏磐梯温泉旅館組合
泉温   45.8℃
有出量  60.8ℓ/min
PH値  7.2  弱黄色・無臭・強塩味
泉質名 ナトリウム-塩化物強塩温泉
大塩裏磐梯温泉は、裏磐梯とラーメンで有名な喜多方市との間にあり山あいの静かな温泉郷ですがあまり目立たないかな。
その名のとおり、昔は製塩業が栄え、現在でも山塩の結晶が地下深くにあると言われています。
湧出する温泉は塩化濃度の高い塩泉。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://spaland.blog82.fc2.com/tb.php/208-e86403f3

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア