FC2ブログ

智恵子の湯 (福島県二本松市)


福島県二本松市 智恵子の湯
彫刻・詩人として活躍し、「智恵子抄」で有名な高村光太郎の妻、智恵子。
その智恵子が生まれ育った二本松(旧安達町)にある智恵子の湯を訪問してみました。

@onsen38 さんのインスタグラムを見て、訪問したくなったのが理由ですが。
ここ一か月ぐらいインスタグラムに熱中していてブログの更新ができていません。
写真が中心のインスタグラムだと詳しい情報が、あまり記載されていないのが多いのでやっぱりブログかHPの方が良いのかな~
なんて感じているところです。もうちょっとやって戻ってきますので長い目で見てくださいませ。
バカボンパパのインスタグラムは、「@bakabonspa 」 で検索してくださいませ。温泉中心です。


内容を、「智恵子の湯」にもどします。
建物外観
智恵子の湯
建物内部(フロント)
智恵子の湯
壁には、高村幸太郎の智恵子抄の一節が
智恵子の湯
色は赤茶色に濁っています。 臭いは、ほんのり鉄の臭いがします。
智恵子の湯
鉄分を含んだ赤い鉱泉ですね
湯口からの投入は無く、加熱循環と思われます。
温度はぬるめで良いですね。
加熱時に、ボイラーの『ボー!』という音がちっとうるさく感じましたが。
智恵子の湯
いつものトド足です。
智恵子の湯
方向を変えて・・・しつこいかな
智恵子の湯

女将さんに、泉質についてお聞きしました。
詳しくは、調べていないのですが鉄分を含んでいて足腰に良いようです。
源泉温度も調べていないが、20何度かな程度
加熱は、鉄分が含まれているので普通のボイラーを使えないと言うことで、蒸気で過熱しているとのことでした。

昨日来たお客さんにも、泉質について質問されたと・・・そのうち検査に出して調べて見ますとのことでした。
鉄分を多く含んだ鉱泉かと思われます。(バカボンパパの感想)

赤湯なので、地元の方からは湯舟の底が見えないとか、赤い湯に入るのが嫌だとか言われると、滅入ってしまうと残念がっていました。私の方からは、有名な有馬の湯とか同じような色合いで温泉ファンには受けると思うと。
もっと赤湯を前面にだして宣伝しても良いのかと思うのですが

You Tubeにアップしましたので見てやってくださいませ。


【智恵子の湯 データ】
福島県二本松市油井字八軒81
℡ 024-323-1178
入浴のみ PM4:00~PM9:00 大人550円


訪問日 2018年8月6日   撮影 バカボンパパ
 

Comment

[1936] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | トップへ戻るHOME |  »

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア