2015 胃腸壮快 (イチョウ爽快です。

ちょっと前ですが、撮影日は2015年11月4日です。
福島市の「あづま運動公園」には綺麗なイチョウ並木があり毎年撮影をしています。
様子を見に行ったら
20151123-21.jpg
青空に黄色が栄えます
20151123-22.jpg
上から撮影
20151123-23.jpg
紅葉とイチョウの共演です
20151123-24.jpg
子供がいれば良いかなと思い孫を迎えに行って再度の撮影ですが・・・青空が消えてしまった
幼稚園から帰っていたバカボンパパの孫です。
20151123-25.jpg
10月末のハローウィンのカボチャが残っていたので
20151123-26.jpg
撮影日 2015年11月4日   撮影 バカボンパパ

最近行った温泉

最近どうも更新が出来なくてご無沙汰になっています。
ここ一カ月間(10月28日~11月22日)までの温泉を紹介します。
忙しかと言えば、そうでもない・・・いつも行っているところだけなのでマンネリかな
新しい所を開拓しなければ・・・・アハハ でも寒くなると近場になってしまう
また日帰り温泉のローラー作戦を考えなければ・・・・アハハ

2015年10月28日  高湯温泉 花月ハイランドホテル(福島県福島市 )
ここは、いつも行っているお気に入りの所です。
白濁した硫黄泉。硫黄臭が体に染みつき1日~2日硫黄臭が楽しめます・・・アハハ
20151123-1.jpg
お約束   いつものトド足
20151123-2.jpg
ホテルの建物
20151123-3.jpg

-----------------------------------------------------------
2015年11月8日   小原温泉 いづみや(宮城県白石市)
ここも、バカボンパパのお気に入りのお風呂です。
目に小原と言われています。
熱めの温泉であちこちからオヤジの 「あぁ~」 という言葉が聞こえてきました。
バカボンパパも 「あぁ~」 満足の声です・・・アハハ
人が多いので内風呂の撮影はあきらめて露天風呂のみ撮影
20151123-4.jpg
いつものトド足・・・アハハ
20151123-5.jpg
建物の玄関
20151123-6.jpg

-----------------------------------------------------------
2015年11月15日   高湯温泉 のんびり館 (福島県福島市)
3時頃行ったので、玉子湯も安達屋・花月ハイランドも日帰り温泉が終わってましたので、たまに行っている所です。
ここも硫黄臭のおまけつきです・・・アハハ
20151123-7.jpg
いつものトド足・・・
20151123-8.jpg
露天風呂の湯小屋
20151123-9.jpg

-----------------------------------------------------------
2015年11月21日  横向温泉 マウント磐梯  (福島県猪苗代町)
ここも、バカボンパパのお気に入りのお風呂です。
鉄分を多く含んだ温泉で湯量が豊富です。
20151123-10.jpg
源泉かけ流しと言うよりは垂れ流しなんて感じの量です
20151123-11.jpg
露天風呂でのトド足
20151123-12.jpg

-----------------------------------------------------------
2015年11月22日  岳温泉 光雲閣 (福島県二本松市)
ここも、バカボンパパのお気に入りのお風呂です。
連休中の中日だったので内風呂は人が絶えなかったので露天風呂のみ撮影
強酸性の良い温泉です。
20151123-15.jpg
陶器風呂(定員1名) 源泉風呂を一人占め
20151123-13.jpg
いつものトド足です。 足が長いので飛び出ています・・・アハハ
20151123-14.jpg

いつもここのブログで紹介してますので温泉データは省略します。
興味があったら以前の記事をご覧くださいませ
撮影 バカボンパパ

本日もどこかに行ってきま~す。更新は遅れますが・・・

温泉博士にバカボンパパのレポートが

10月10日発行の月刊誌『温泉博士』2015年11月号 読者ライター温泉体験記に
バカボンパパの温泉体験記が掲載されています。
以前、このブログで紹介した山形県米沢市の滑川温泉『福島屋』さんを投稿しました
11月10日には12月号が発売になるので本屋さんにはもうないかも

表紙は
20151108-1.jpg
投稿記事は
20151108-2.jpg

20151108-3.jpg

投稿内容は
滑川温泉 福島屋
今も湯治場の風情が残る宿

山形県米沢市には、温泉街から一軒宿の秘湯まで個性豊かな温泉が8つあります。
今回紹介するのは、秘湯系の滑川温泉福島屋さんです。一口に秘湯と言っても、ちょっと田舎な所にある宿から何時間も歩かないとたどり着けない超ディープなところまで様々ですが、滑川温泉は車で行くことが出来るので、超ディープとまではいきませんが、その一歩手前くらいの秘湯です。旅館周囲4kmには人家は無く、もちろんコンビニやガソリンスタンドもありません。ここから4km先には、超ディープな姥湯温泉があるので、ちょっと印象が薄いのかも知れませんね。
滑川温泉は、250余年の歴史のあるお宿で宿周りの景観そして湯質の良さがおすすめです。
 温泉の由来は、この付近の川を渡る際、岩石を滑り倒れ、その時手に温かい石を感じ温泉を発見したので、そこから「滑川」と称されるようになったそうです。
自慢の乳白色の湯は、日によって色が変わるのです。透明や青掛かった透明とそのときどきで変わる不思議な湯なのです。
お風呂は、内風呂が2つ女性専用浴場と大浴場(混浴)で、石造りの大浴場は、天井が高く、湯気がこもりません。入口の脱衣所が男女別でお風呂が一緒です。登山道の脇に湯小屋があるので人が通ると窓越しにわかります。
 露天風呂は2つあり、桧風呂(混浴)は、岩風呂に比べると少し小さめ(4~5人サイズ)で、貸切ができるそうです。大きめの岩風呂は、前川を見下ろしながらの入浴で、これこそ秘湯と感じると思います。混浴ですがいずれも女性専用時間帯があります。
 白濁していると酸性の硫黄泉というイメージがありますが、ここは中性(ややアルカリ性より)の温泉です。
営業は、4月28日~11月5日頃までです。
紅葉の見ごろは、年によって1週間くらい前後しますが、だいたい10月中旬です。紅葉が大変美しいので、この時期は特にお勧めです。今なお自炊による宿泊も受け付ける秘湯の温泉宿です。

 温泉ライター バカボンパパ

 | トップへ戻るHOME |  次頁へ移動する(見てね)

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する