蔦温泉旅館

八甲田山麓の温泉にもう一つ入りたくて酸ケ湯温泉をチェックアウト後に蔦温泉に直行しました。
谷地温泉・元湯猿倉温泉・八甲田温泉・蔦温泉の中からどうして蔦温泉を選んだかと言うと、浴槽の底から源泉がわいている、足元自噴泉に引かれてしまったのです。

もう一つの理由は、吉田卓郎の歌 青森県の蔦温泉での思い出を書いたのが「旅の宿」
岡本おさみ作詞. 吉田拓郎作曲・歌. 「旅の宿」. 作詞を手掛けた岡本おさみさんが. 新婚旅行で青森「蔦温泉旅館」にて宿泊。 10畳一間の和室で熱燗でほろ酔い気分の時に、 奥さんが道で拾ったすすきをかんざしにした情景を. 詩にしたそうです。

そんな素敵な温泉旅館を訪問してみました。


ブナ林の中にあり風情のある建物です
1918年(大正7年)の建物
蔦温泉旅館
アップで
蔦温泉旅館

目的の『久安の湯』 朝9時30分ごろでしたので貸切です。
蔦温泉旅館

反対側から
蔦温泉旅館

湯上りの湯かな
蔦温泉旅館

源泉かと思ったら水でしたね。 源泉は床下からです
蔦温泉旅館
隙間からアワが源泉が出ている様子です
20120825-8.jpg

いつものトド足です。・・・・・また足かいなんて言わないでね アハハ
20120825-7.jpg

デジカメで動画を撮りましたのでYou Tubeにアップしました。(撮影 バカボンパパ)


吉田拓郎 『旅の宿』 若い人は分からないと思いましたので You Tubeにあった動画を紹介します。(バカボンパパの作品ではありません。紹介です)




日帰り温泉情報
住所 青森県十和田市奥瀬蔦野温1
   ℡ 0176-74-2311
    9:00  16:00   500円
泉質 ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉 (低張性、中性、高温泉) 
   泉温47.2℃ Ph7 自然湧出

訪問日 2012年7月17日   撮影 バカボンパパ


酸ケ湯温泉

前にもちょっと紹介した 酸ケ湯温泉 を再度紹介します。
訪問したのは、大雨注意報が出ていた7月16日です。
強い雨の中、やっと到着 日帰りの客も多く駐車場は玄関の近くが満杯でちょっと遠くに止めて玄関まで行くと雨にぬれてしまいました。
----------------------------------------------------------
豪雨情報 新聞の記事から毎日新聞 7月17日(火)
 梅雨前線の通過により、県内は16日、大雨や洪水の警報・注意報が全域に出され、津軽地方を中心に激しい雨が降った。青森市は同日午後7時45分、浪岡川の水位が高まったとして同市浪岡の周辺住民に避難勧告を出し、浪岡中など3校に避難所を開設。弘前市中心街では3軒が床上・床下浸水した。JR奥羽線の線路が冠水し、新青森-浪岡間で運転を見合わせたほか、青森市内の国道7号も土砂崩れで一時通行止めとなった。
 青森地方気象台によると、16日午後7時までの24時間雨量は深浦で163ミリ、青森大谷(青森空港)で150ミリと、観測史上最大値を記録した。
------------------------------------------------------------

旅館の中からの撮影  強い雨の感じがわかりますかね
20120818-10.jpg
旅館の脇を流れる小川と言うよりは激流になってましたね
20120818-11.jpg

チェックイン後、この旅の目的であるヒバ千人風呂へ
総ヒバ造りの千人風呂、大きさは160畳分の広い浴室に『熱の湯』『四分六分の湯』『湯滝』『冷の湯』等があり温泉ファンにとってはたまりません。
混浴ですので撮影は禁止となっています。

朝早く行ったら誰もいなかったので一枚だけ撮ってしまいました。だめですよ!!

酸ケ湯
外観は
酸ケ湯

この他に男女別に内風呂(玉の湯)があります
ヒバ千人風呂から比べると小さな浴場ですが、ここも良かったですよ
20120818-12.jpg
ちょっとアップで
20120818-13.jpg
いつものトド足
20120824-1.jpg

女性専用の玉の湯の外見
前日の雨が嘘のように天気が良くなっています
20120822-1.jpg

建物の入り口付近の様子
20120824-2.jpg

総ヒバ造りの千人風呂は、混浴なので撮影はできませんので動画を紹介します。
映像素材の著作者は「青森県」



建物お風呂そして景色、雰囲気そして風情に星 五つ★★★★★

日帰り温泉情報
住所 青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50
   017-738-6400

時間 7:00 ~ 17:30
料金 600円(千人風呂) 600円(玉の湯) 1000円(両方) 旅館入り口に自販機あり  


訪問日 2012年7月16日  撮影 バカボンパパ

青森B級グルメ 黒石つゆやきそば

青森への旅行編
黒石市中町こみせ通りで、黒石つゆやきそばをいただきました
東北道は青森県に入ってから雨が強くなってきました。八甲田の酸ケ湯にに行く前に黒石ICでおりて黒石こみせ通りに直行です。

中町こみせ通りの、藩政時代からの木製のアーケード

20120818-1.jpg
夏の日差しや冬の吹雪から人々を守るために考えられた木製アーケード
日本の道100選にも指定されています。
20120818-2.jpg

ちょっと観光(菊乃井 酒蔵)
20120818-3.jpg

酒蔵見学 試飲もできるのですが車の運転があるのであきらめお酒を買ってきました 残念・・・アハハ
20120818-4.jpg

津軽黒石こみせ駅 で毎日2回津軽三味線の実演が
20120818-5.jpg
津軽三味線を聴きながら、B級グルメの『黒石つゆ焼きそば』をいただきました
ソース味が強かったですね
ソースたっぷりの焼きそばに、そばつゆをかけたのがはじまりだそうです。
20120818-6.jpg

食事の後は一路八甲田の酸ケ湯へ向かってGO です!!
次へ続きます

訪問日 2018年7月16日  撮影 バカボンパパ

 | トップへ戻るHOME |  次頁へ移動する(見てね)

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア