福島県議会選挙結果

20日投票が行われた福島県議選(定数58)の結果は、過去最多の23人を擁立した民主党は選挙前に比べ1減。同党とともに県議会の第2会派「県民連合」を構成していた社民党も1減で、これまで一貫して佐藤雄平知事を支えてきた両党が後退した。
現職8人(自民3、民主4、無所属1)が落選した。原発事故対策の遅れなどから現職への風当たりが強まったとみられ、自民、民主ともに落選候補には4期のベテラン県議も含まれる。一方、共産は2議席増で、対策の遅れへの批判票が流れたとみられる。


投票率が極端に減った今回の選挙戦
今までと違って、なんかてごたえがない盛り上がらない選挙戦でした
選挙民からはこんな声が
・「震災以降、県議がどのように復興に力を注いできたのか見えない」という。これまでは投票してきたが今回は見送った。
・「県議は何をやってきたのか。選挙の前だけ来て『お願いします』なんて……。震災以降の対応がひどくて不信感を持った。誰がやったって一緒でしょ」と憤る。
------------------------------------
県議会選挙と同日選挙となった原発の地元大熊町の町長選結果では

警戒区域の大熊町は除染した上での帰還を推進する現職町長と、町ごと移住を訴える新人候補の主張が対立でしたが現職が当選しました。

東京電力福島第1原発を抱える大熊町は全域で立ち入りが制限された。町民の避難生活は8カ月に及び、町長選では、ともに無所属の渡辺氏、木幡氏の主張が 対立し、有権者の判断が焦点となっていた。敗れた木幡氏は「いつまで仮設住宅での生活を続けるのか、と働きかけたが、及ばなかった」と語った。

県議選双葉郡選挙区(定数2)には5人が立候補。20日深夜、当選を決めた自民党現職の吉田栄光氏(47)は選挙区内に立地する福島 第1、第2原発の存廃について「廃炉の方向で進めるべきだが、最終的には東電が判断することだ」と述べ、東電に決断を委ねる考えを示した。

こんなひどい目にあって地元にも帰れない状態でも、判断を東電にゆだねる県会議員・・・絶望的ですね
これが福島の現状なんでしょうか。

今回、勝手に応援をした佐々木慶子さんは前回の票を下回り最下位の結果に
脱原発を前面に出して選挙を戦ったが、立候補を決めたのが10月下旬では準備不足が響きましたね
福島に変化が起きるとすれば佐々木慶子さんが当選して、脱原発を市民団体が県民が支持したとして福島原発の廃炉にむかうきっかけになったと思うと非常に残念な結果になりました。
既成政党の行動力のない議員が一人二人当選するより全国に対して情報発信力があったのだが、福島県民は変化を求めなかったということか

 【福島】(8―11)
当 13,509 西山尚利   自元
当 13,418 甚野源次郎  公現
当 13,073 桜田葉子   自現
当 12,002 宮本しづえ  共新
当  9,801 紺野長人   社新
当  9,367 丹治智幸   自新
当  8,258 石原信市郎  民現
当  7,118 佐藤雅裕   自新
◎  6,743 高橋秀樹   民現
◎  6,331 大場秀樹   民新
   2,846 佐々木慶子  無新
            44.48%

私ら大人は福島で頑張りますが、子供や妊婦は除染が終わるまでの間すこしでもここから離したいのだが
こんな切実な意見が少数意見なのか・・・・福島県民は何を考えているのかなんて聞こえてきそうで残念です

こんなのが福島へ、こんなやつに除染なんかされたくはないわ!!

こんなやつに福島の除染なんか担当してほしくないですね

除染チーム次長に西山元審議官
2011.11.18 16:29

 環境省は18日、福島第1原発事故で原子力安全・保安院の広報担当を務め、その後、女性問題で停職1カ月の処分を受けた経産省元官房審議官、西山英彦氏(54)を、併任の形で福島除染推進チームの次長にする人事を発表した。

 農水省と国交省からもそれぞれ1人ずつ除染チーム次長に併任、福島で除染業務を指揮する。

経産省によると、西山氏は今年3月下旬~6月の勤務時間中、複数回にわたり、当時の自室の審議官室で、30代の女性職員とキスや抱擁をするなどした。

9月末には、女性職員と勤務時間内に不適切な行為を行ったとして、「職務専念義務違反」で停職一ヶ月の処分を受けていた
----------------------------------------------------------------
3月下旬~6月の勤務時間中とは日本中が原発がどうなるかと注目していた時に原発の会見担当者が、「職務専念義務違反」・・・緊張感がまったくないやつでしたね

福島の除染の前に西山自身の除染が先なのでは
原子力保安院は責任とって除染じゃなくて原発作業の方に行ってほしいと思いませんか
人事的には左遷なんでしようが福島県人をバカにした人事ですね

コメからセシウムが・・・・

驚きです。県の安全宣言は何なの


<放射性セシウム>福島市のコメから規制値超630ベクレル
毎日新聞 11月16日(水)21時58分配信


福島市大波地区
 ◇政府が出荷停止検討

 福島県は16日、福島市大波地区産のコシヒカリ(玄米)から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウム630ベクレルを検出したと発表した。コメの暫定規制値超過は全国で初めて。政府は同地区のコメを出荷停止にする検討を始めた。【清水勝、佐々木洋】

 県は同日、大波地区の稲作農家154戸に出荷自粛を要請。厚生労働省は県に対し、同地区や周辺で収穫したコメのサンプル検査の強化と、既に流通したコメの追跡調査を要請した。

 県や市によると、今月14日、地区内の一農家が自宅で消費するために保管していたコメの安全性を確かめようとJAに持ち込み、簡易測定器で測定。高い数値が出たためJAが福島市に連絡し、県で詳しく検査した結果、玄米で630ベクレル、白米で300ベクレルを検出した。農家はこのコメの出荷も予定していたが、まだ市場には出回っていないという。

 大波地区は東京電力福島第1原発から約60キロ離れた中山間地で、154戸の稲作農家がある。原発事故による放射線量が比較的高く、福島市は10月18日から地区の全世帯を対象に、本格的な除染作業を進めている。この農家の水田はくぼ地にあり、沢水を使っているといい、周囲の放射性物質が蓄積された可能性があるとみられる。コメは収穫後に天日干ししていたが、市は「セシウムの濃度が高かったこととは関係がない」としている。

 原発事故を受け、政府は17都県を対象に収獲前の予備検査と収獲期の本検査を実施。大波地区では9~10月に予備検査を1地点、本検査を2地点で行い、検出値は28~136ベクレルだった。県内すべての検査が終了し、佐藤雄平知事は10月12日、県産米の「安全宣言」をしていた。

 厚労省監視安全課は「予備検査と本検査で何カ所も調べ、すべて規制値以下だったのに、なぜ今ごろ規制値を超えるコメが出るのか。消費者の信頼を得るには、いったん出荷停止とし原因を究明する必要がある」と話している。
------------------------------------------------------------------------------
福島民友新聞 2011年11月17日朝刊
抜粋
基準を超えるコメの検出を受け、県は大波地区からこれまでに出荷されたコメの流通販売状況を調査した結果、県北地方の米穀店に30キロ入りのコメ30袋程度が販売されていることが判明した。
-----------------------------------
朝のテレビでは市場には出回っていないと、ウソじゃん
報道は信用できませんね、毎日食べるものだから子供も食べるものだから500ベクレル以上だからじゃなくて放射能セシウムが出たか出ないかで判断をしたいのだが何処までもだめな国と県

放射能のコメは全て東電に送ってやってください。そして補償を農家にしてください。
やっぱり選挙で変えなくては何て思いませんか

 | トップへ戻るHOME |  次頁へ移動する(見てね)

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する