ぬる湯 旅館二階堂

あまりに暑いので、ぬるい温泉へ GOです
ここもいつも行っているいつもの温泉です。
ここは福島市の吾妻山の中腹 標高920mの自然の中の秘湯の一軒宿。
昨年、ぬるゆ街道の舗装工事をやっていましたので、今年はどうかと思い通ってきました。
悪路だった道路が舗装されましたが・・・道幅が狭いので従来通りあづま温泉の前の道路を通ってパイロット事業の農道を通った方が広いので安心です。 注意して通行してくださいませ
例年途中の道に熊注意の看板があったのですが今年は無かったので
フロントでクマはいますかと聞いてみたら、いますよと即答でしたね。

暑い時には、避暑に最高の場所で毎年このブログでも紹介していますし、以前雑誌「温泉博士」でも紹介したところです。
バカボンパパお気に入りの所です

タイムスリップしたような茅葺小屋の温泉宿と言うか湯治場ですね
20160702-1.jpg
客室
20160702-2.jpg
日本秘湯を守る会の提灯です。
秘湯そのものですね
20160702-3.jpg
湯小屋へつづく通路 天井がちょっと低いのね
バカボンパパは182センチあるので、ちょっと首を曲げないと危ないのよ。
 足が長いか胴が長いかは問題ではなく身長が高いのよ・・・アハハ
20160702-4.jpg
トイレの入口ではなくお風呂の入口です
20160702-5.jpg
脱衣所
20160702-6.jpg
お風呂には誰もいません。貸切状態で1時間
手前が源泉風呂32℃程度です
奥のポリバスは沸かしです。
沸かしから入ると、源泉風呂がものすごく冷たく感じますので冷たい方から楽しんでくださいませ
20160702-7.jpg
湯口といつものトド足です。
20160702-8.jpg
フラッシュをつけると感じが違うかな
湯口は昨年から替わりまして真下にそそぐようになっています。
20160702-9.jpg
雰囲気がわかりますかね
20160702-10.jpg
温泉データを見てくださいませ
20160702-11.jpg
you tube2
You Tube に風呂の風景をアップしましたのでご覧くださいませ。


【ぬる湯 旅館二階堂データ】
住所  福島県福島市桜本字温湯11
℡  024-591-3173
泉質 含アルミニウム泉 源泉温度 31.8℃  PH 2.9
お風呂の種類  内湯・沸かし湯
日帰り入浴 9:00~18:00(最終受付 16:00) 大人 500円
冬季休業11月中旬~4月下旬

訪問日 2016年7月1日   撮影 バカボンパパ

暑い時にはやっぱりここですね『微湯温泉』

福島市内の温度計が30℃を超えていたので、おもわずプールのような水温の『ぬる湯』を訪問
暑い日は、やっぱり『ぬる湯』が最高です。

この趣のある温泉宿
20140601-2.jpg
旅館の入り口
20140601-3.jpg
フロントは
20140601-5.jpg
旅館の中には、大好きな日本秘湯の宿を守る会の提灯が
20140601-6.jpg
素敵な湯船です。
20140601-1.jpg
手前が源泉風呂で奥のポリバスが沸かし湯です。
沸かし湯に入った後は、源泉風呂がより一層冷たく感じます
20140601-8.jpg
湯量が豊富な湯口・・・とトド足です アハハ
20140601-7.jpg

庭には、温泉猫が・・・
20140601-4.jpg
ここは、のんびりして日常を忘れますね
ここでは一時間以上入っている方が多いですね・・・もちろん私もですが
【道路情報】
現在、微温街道は舗装工事のため通行止めです。7月中旬には終わりますので今通っている道より距離が短くなりますね。なお、悪路の道路が舗装されても道幅は狭いかな

You Tubuにアップしましたので雰囲気を感じてくださいませ

【 温泉データ】
福島県福島市桜本字温湯11
0245-91-3173
入浴時間 8:00~17:00     期間 4月下旬~11月末(冬季休業)
・料金 500円 
・源泉名 ぬる湯
・泉質 酸性-含鉄(Ⅱ・Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩温泉   (旧泉質名 含緑礬・酸性明礬泉 )
低張性酸性低温泉  31.8℃   PH  2.9
  湧出量 194ℓ/mln (自然湧出を浴槽に動力揚湯)  
  無色澄明、無臭で弱酸味
・効能 眼病・ヒフ病・貧血等に特効

訪問日 2014年 6月 1日  撮影 バカボンパパ

 

微温湯温泉 旅館二階堂

微温湯温泉 旅館二階堂
吾妻小富士の東の山麓(標高930メートル)にある一軒宿で、 明治時代からの茅葺2階建の湯治場です。最近、秘湯に人気があり立派な建物で車で楽に行けるところが多くなりましたが、これほど秘湯という言葉が似合うところはないのではないかと思います。
源泉温度31.8℃ 源泉がドパドバ お~ちょっとプールと同じで湯から出ると寒いので長湯になってしまいます。  

入り口付近は雨どいの工事中でした
20120624-5.jpg
大好きな秘湯を守る会の提灯があります
20120624-6.jpg
手前が、源泉そのものの湯船で奥にあるのが沸かしの暖かい湯です。
20120624-4.jpg
逆方向からの撮影
20120624-1.jpg
湯口から源泉 ドパドバ 窓越しに見える緑が良いですね
20120624-2.jpg
いつものトド足です・・・アハハ
20120624-3.jpg




福島県福島市桜本字温湯11
0245-91-3173
入浴時間 8:00~17:00     期間 4月下旬~11月末(冬季休業)
・料金 500円 
・源泉名 ぬる湯
・泉質 酸性-含鉄(Ⅱ・Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩温泉   (旧泉質名 含緑礬・酸性明礬泉 )
低張性酸性低温泉  31.8℃   PH  2.9
   湧出量 194ℓ/mln (自然湧出を浴槽に動力揚湯)  
  無色澄明、無臭で弱酸味
・効能 眼病・ヒフ病・貧血等に特効


訪問日 2012年6月24日  撮影 バカボンパパ

 | トップへ戻るHOME |  次頁へ移動する(見てね)

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する