与党も野党も・・・

福島県出身の国会議員、増子輝彦氏の行動に賛同します。
原発事故の原因究明も中途半端なままで原発輸出なんて福島県民の立場なら理解できません。
原発から60キロも離れている福島市が風向きの関係で放射能の多大な被害を受けました。風向きが関東方面だったら原発に対して無関心でいられなかったのではないでしようか。
正直、事故のあった第一原発の廃炉ができるのでしょうか? 大変疑問です。

事故処理も満足にできない、原因究明も満足にできない国が原発を海外に輸出 
私には理解できません。 皆様はどう感じてますか?

(時事通信) 04月22日 18:54のニュースから

増子副代表を解任=原子力協定造反―民主

2014年4月22日(火)18:54


 民主党は22日の常任幹事会で、トルコなどとの原子力協定を承認した18日の参院本会議で党の賛成方針に従わず棄権した増子輝彦氏について、「党議に反し、党の結束を乱した」として党副代表の解任を決めた。同党は先に、衆院本会議の採決で退席した近藤昭一氏ら2人の党役職を解いており、同様の対応を取った。

 増子氏は解任決定後、取材に対し「東京電力福島第1原発の廃炉も汚染水処理もままならない現状で原発輸出には賛成できない。決定は甘んじて受ける」と語った。 

オリンピック誘致

明日の朝には2020年のオリンピック開催地が決定されますね。
東京で開催されれば嬉しいのですが、福島に住む者にとっては複雑な気持ちですね
さあ、どうなりますか

2013年9月7日の福島民友新聞の記事では
20130906-1.jpg

東京だけが安全ならばいいのか・・・
福島はどうなんだ

オリンピック誘致ののために福島第一原発の汚染水対策を国がやるのか
オリンピックの誘致が無かったら東京電力に丸投げしていただろうに
この国は、福島を置き去りにしてしまっているのだが・・・

外国から見たら福島だろうが東京だろうが同じく見られているのに
この国の指導者は・・・わかっていないのだろうな

明日の結果がどうなるか・・・バカボンパパのボヤキは続く

--------------------------------------------------
9月8日 追記
東京オリンピックが決まりましたね。みんなの希望になればいいですね。
気になったのがIOCでのプレゼンで、福島第一原発での汚染水漏れに対して「状況はコントロールされている。決して東京にダメージを与えるようなことを許したりはしない」と・・・

本当にコントロールされることを切望しますね
世界に対して宣言したのだから、これから本気で取り組まないと7年過ぎても原発の状況は変わらないでしょうね
ヤフーのニュースの一部を紹介します

IOC総会で「健康問題は『将来も』まったく問題ない」と言い切った安倍首相

安倍首相が五輪招致でついた「ウソ」 “汚染水は港湾内で完全にブロック” なんてありえない

海に漏れていると以前のニュースでは言ってましたが
嘘つきにならなければ良いのですが・・・

「自信と夢を取り戻す」という喜び一色のムードに水を差すつもりはありません
ただ、今も15万人近い福島の人たちが自宅に戻ることができない生活を強いられていることを忘れないでほしいのです。
オリンピックぜひ見に行きたいですね。

脱原発の検討をやめるよう圧力を

行政は福島の原発後も何にも変わっていないと言うことですね

東京新聞より
脱原発検討しないよう圧力 原子力委に、エネ庁課長を処分

2012年8月3日 11時03分



 経済産業省資源エネルギー庁の原子力政策課長が、核燃料サイクルの見直しを検討していた原子力委員会に対し「脱原発シナリオの分析を行うことは、慎重派を勇気づける材料になる」との文書を送り、脱原発の検討をやめるよう圧力をかけていたことが3日分かった。

 枝野幸男経産相は同日の記者会見で、文書は個人的に作成されたものと説明した上で「原発を維持するかしないか政府方針が固まらない中、政府が原発維持を画策しようとしていると国民に受け止められかねない」と指摘。経産省は課長を厳重注意処分とした。

------------------------------------------------------
注意処分なんてことで良いのでしょうか
福島県や福島原発の双葉郡の市町村は怒っています

 | トップへ戻るHOME |  次頁へ移動する(見てね)

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する