FC2ブログ

日本三大けんか祭りの一つ「飯坂けんか祭り」


日本三大けんか祭りの一つ「飯坂けんか祭り」

日本三大けんか祭りとは
「飯坂けんか祭り(八幡神社例大祭)」と、大阪・岸和田の『地車祭り』、秋田・角館の『飾山ばやし』とともに《日本三大けんか祭り》の一つといわれています。
【開催期間】2019年10月4日(金)~10月6日(日)
【会  場】八幡神社
〒960-0201福島市飯坂町字八幡1番地 
最大の見どころは、5日午後7時からの宮入りです。みこしと6町の屋台が温泉街を練り歩き、同8時20分ごろ神社に到着。境内に太鼓の勇壮な音を響かせながら、屋台が激しくぶつかり合うところは良いですね。

今年は冒頭から、担ぎ手同士の小競り合いがありちょっと残念。
子どもや観光客が見ているところまで、押し出してましたからね、いい加減にしろよ
止めろやめろと怒鳴っていたら喉が痛くなったわ。
危険が伴うのでエキサイトするんでしょうね。

宮入の前に飯坂温泉街を練り歩きます。
飯坂けんか祭り2019
神輿の宮入
飯坂けんか祭り2019
屋台が激しくぶつかり合う
飯坂けんか祭り2019

飯坂けんか祭り2019

飯坂けんか祭り2019

動画を撮って、You Tube にアップしましたので雰囲気を感じてくださいませ。


Instagramとツィターでも情報をアップしてます。
検索は「bakabonspa」でしてみてくださいませ。


訪問日 2019年10月5日  撮影 バカボンパパ
 
スポンサーサイト



宮城県の青根温泉 「名号館」が9月末で閉館


宮城県の青根温泉で創業140年の風情のある旅籠風のお宿「名号館」が9月末で閉館されるとの情報をいただきましたので急遽訪問してきました。
女将さんに、お聞きしましたら宿泊は9月末で終了しお風呂については10月末までやっているとのことでした。
源泉かけ流しで、穴場的なところだったんですが・・・・残念です。
入浴される方は、10月までですよお早めに訪問してくださいませ。

本日は、独泉でマッタリ温泉を堪能できましたよ。
ここが無くなるのは残念ですね。

青根温泉 名号館

旅籠感満載です。
青根温泉 名号館

お風呂の入り口
青根温泉 名号館

素朴な湯舟です。
青根温泉 名号館

湯口 源泉かけ流しが実感できます。
青根温泉 名号館

青根温泉 名号館

いつものトド足です。
青根温泉 名号館
温泉データ
青根温泉 名号館

青根温泉 名号館



【青根温泉 名号館データ】
住所 宮城県柴田郡川崎町青根温泉4-4
電話 0224-87-2204
入浴料金 500円
時間  10:00~17:00
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度 52℃ PH 7.5
訪問日 2019年9月26日    撮影 バカボンパパ

 

高湯温泉 高原荘 9月30日をもちまして閉館の張り紙が・・・・


高湯温泉 高原荘
硫黄泉に入りたくなり、高湯温泉高原荘さんを訪問しましたら、9月30日をもちまして閉館の張り紙が・・・ガーン
お聞きしたら、売却が決まったとのことでした。
買い主さんがどうするかは、分かりませんとのこと。
小さな浴槽ですが、源泉かけ流しでとても新鮮さが実感できる綺麗な好きなところでした。
先客さえ、いなければここは最高のところです。
これから行かれる方は、9月30日までですのでお早めに。
脱衣所あった張り紙
高湯温泉 高原荘

建物
高湯温泉 高原荘

高湯温泉 高原荘
浴室入り口
高湯温泉 高原荘
浴室 良い感じの硫黄泉
高湯温泉 高原荘
湯口
高湯温泉 高原荘
いつものトド足です。
高湯温泉 高原荘
トド手・・・湯花が舞ってますね
高湯温泉 高原荘
珍しいカラン 水とお湯を木桶内で温度調整  これで頭や体を洗います。
高湯温泉 高原荘
案内
高湯温泉 高原荘
源泉かけ流し宣言
高湯温泉 高原荘
昨年高湯温泉が温泉総選挙で健康増進部門1位です。 この温泉は健康にも良いのよ
高湯温泉 高原荘


【 高原荘 温泉データ 】
住所  福島県福島市町庭坂高湯  TEL/024-591-1215
源泉名  湯花沢3番
泉質  酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩温泉  硫黄泉
泉温  49.1℃  PH 2.6
入浴料 300円  座敷休憩 700円  個室一人1600円(税別)
時間  10:00~15:00

再訪問日 2019年7月22日 撮影 バカボンパパ

 | トップへ戻るHOME |  次頁へ移動する(見てね)

旬の花時計


プロフィール

バカボンパパ

Author:バカボンパパ
温泉大好き人間のバカボンパパです
休みには、ほとんど温泉巡り
家族も呆れています・・・アハハ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア